備前焼美味しいコーヒー
コーヒーとは

今話題のスペシャルティーコーヒーとは??各国の美味しいコーヒー農園をご紹介!!

スペシャルティコーヒーとは、コーヒーを飲む人が手のカップの中のコーヒーが素晴らしいおいしさであり、消費者がおいしいと満足するコーヒーのことです。

コーヒーとしての具体的な定義というものはありませんが、生産国においての栽培管理や、収穫、生産処理、選別や品質管理が適正になされて、欠陥豆の混入が極めてすくないことが必須です。

スペシャルティコーヒーは一般のコーヒーを判定する欠陥チェックを対象とする尺度とは異なります。

そんな今話題のスペシャルティーコーヒーについてお伝えしていきます!

【美味しいコーヒーを安く飲みたい方はこちらのお店の初回がお勧めです】

な! なんだ、このコーヒー!?

スペシャルティーコーヒーのチェック項目

スペシャルティーコーヒーと呼ばれるには、8つのチェック項目の総合点で80点以上を取らなければなりません。

以下がチェック項目

1、カップ。クオリティ
コーヒーの品質の基本的なスタートポイントとなるものです。カップのキレイ度とは「汚れ」または「風味の欠点」などがまったくないことが上げられます。

コーヒーの栽培地特性がはっきりと表現されるために必須な透明性があることや、風味の汚れ、欠点があると飲む人が風味を感知できなくなってしまいます。

2、甘さ
コーヒーのチェリーが収穫された時点で、熟度が良く、且つ熟度がどれほど均一であったかに直接関係する甘さをみます。

甘さとは、焙煎されたコーヒーに含まれている等分の量が絶対的なものではなく、甘さの印象度を創造するほかの成分、要素との結合にも依存します。

また糖分が高くても甘さを感じることを阻害する要因として辛さのある苦味、刺激的な酸味、強い汚れなどがあります。

3、酸味の特徴評価
酸度の強さではなく、酸の質について評価をします。刺激的な酸味、不快な印象を与える酸味、爽やかさ、キレのない酸味、劣化した嫌な酸味はあってはいけません。

4、口に含んだ質感
コーヒーより伝えられる触覚、質感を調べます。口に含んだ量と質感は同じではありません。量に惑わされずに質感を調べなくてはいけません。

5、風味特性、風味のプロフィール
これはスペシャルティコーヒーと一般のコーヒーを区別する最も重要な項目です。味覚、嗅覚から「栽培」「収穫」「回収」「選別」「生産処理」「保管」「焙煎」「抽出」が行なわれ、表現されているかをみます。

6、後味の印象度
飲み終わった後で持続する風味により、強い、弱いなどがあり、コーヒーをより高める場合もあれば、後味でコーヒーそのものを駄目にする場合もあります。

7、バランス
コーヒーは風味の調和がとれているか?何か突出するものはないか?欠けているものはないかなどを見ます。
厳しい審査を通ったものが「スペシャルティコーヒー」となります。

産地としては、1991年最初にブラジルが(BRAZIL APECIALTY COFFEE ASSOCIATION)を設立しました。そのあとコスタリカ、エチオピア、パプアニューギニア、ウガンダ、パナマなどが参加していきました。

8、総合評価

【COEカップオブエクセレンスについて知りたい方はこちらの記事がお勧めです】


COE(カップ・オブ・エクセレンス)世界最高品質のコーヒーについてご紹介!

スペシャルティーコーヒーの特徴

国際的にははっきりした定義はありませんが、飲んだときに「おいしい!」と感じられる高品質コーヒー、それがスペシャルティコーヒーといえるでしょう。

さまざまな評価方法があり、それぞれ独自の方法で検証し決められるようです。とにかくおいしいコーヒーが飲みたいと思ったときには、スペシャルティコーヒーを選んでおけば間違いはないでしょう。

国内限定で言えば、日本のSCAJという団体では、国内におけるスペシャルティコーヒーの定義を決めています。その定義の第一はやはり「消費者がおいしいと感じるコーヒーであること」となっています。

豆においては、生産国の栽培環境、収穫、品質管理から「欠陥豆の限りなく少ない豆」であるということが定義されています。前述の8項目がいわゆるSCAJの基準となっています。

有名な各国の農園

スペシャルティコーヒーの有名な農園として、

コスタリカ(サンタルシア農園)

太平洋とカリブ海に挟まれた中米南部の国です。ウエストバレー地区のサンタルシア農園の豆はイエローハニー製法で豆が生成されています。

ブラジル(セルタオジーニョ農園)

南米大陸で最大の面積を誇り、世界第一のコーヒー生産・輸出国です。スルデミナスエリアのセルタオジーニョ農園。

エルサルバドル(ブエノスアイレス農園)

中米中部に位置し、カリブ海を除いた中米大陸で最も面積が小さい国です。標高が高いところで栽培されているのが特徴です。

コロンビア(クマラル農園)

南米大陸北端の国です。キンディオ県セビージョ地域にクマラル農園があります。

エチオピア(オロミア農協)

アフリカ大陸の北東にある内陸国です。コーヒーの中でも高品質と言われているシダモのイルガチェリアにある農協で栽培しています。

パナマ(ドンペペ農園)

中米南部、コスタリカとコロンビアの間に位置する北アメリカ最南端の共和国です。チリキ県ボケテ地区にドンペペ農園があります。標高1500m~1700mに位置する農園で、ハニー製法のブルボンだけを使用しています。

【世界三大コーヒーハワイコナについて知りたい方はこちらの記事がお勧めです】


世界三大コーヒーの1つ、美味しいコナコーヒーの魅力とは?

スペシャルティーコーヒーの淹れ方

器具を準備します。「ケトル」「ドリッパー」「サーパー」「スケール」「タイマー」「ペーパーフィルター」「スプーン」「グラインダー」を用意します。

一杯140mlのコーヒーを抽出する場合

1、お湯は85度~90度くらいです。

2、豆を1杯につき13g、お湯は170mlで計量します。

3、豆を中挽きします。

4、ペパーフィルターに豆をセットします。

5、蒸らし注ぎをします。ケトルから直角でお湯が出るようにして(凄く細いお湯が出ます)中心から外側へゆっくりと20ml注ぎます(フィルターにかけないようにしてください)

6、蒸らす。そのまま20秒~30秒待ちます。(蒸らしの時間は、豆の膨らみが終わったタイミングです)蒸らすことで豆の風味を引き出しクリーンな味わいを作り出します。良い香りを楽しみながら待ちましょう。

7、蒸らし以降。ドリッパーの中心500円玉ぐらいの大きさで円を描きながら淹れます。1投目は80ml、2投目は40ml、3投目は30ml、3投目は量の調整をしていきます。

8、必ず、コーヒーが落ち切る前にドリッパーを外しましょう。なるべく雑味を入れないためです。

スペシャルティコーヒーを自分なりにいろいろためして、スペシャルな1杯を作りあげましょう!

【美味しいコーヒーを安く飲みたい方はこちらのお店の初回がお勧めです】

な! なんだ、このコーヒー!?

 

 

 

ブログのフォローをお願いします!励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。