日本のコーヒーの木

沖縄セラードコーヒーの「沖縄県産コーヒー」をご紹介♪♪


現在、日本で流通しているコーヒー豆のほとんどは中南米やアフリカなどの海外産のものです。これはコーヒーベルトと呼ばれる北緯25度~南緯25度の間の赤道を中心としたエリアはコーヒー栽培に適しているからです。

しかし、沖縄や小笠原諸島もこのエリアに少し外れてしまいますが、辛うじてコーヒーの木を育てる事ができる日本で稀少な地域です。

沖縄セラードコーヒー

今回は沖縄に拠点を置く沖縄セラードコーヒーさんのコーヒー豆をご紹介したいと思います。沖縄セラードコーヒーさんは沖縄という土地で、苗から気候にあった方法で育て、収穫したものを製品化し、お届けする挑戦を続けていました。

その結果、構想から約8年、2018年に100%沖縄産の完全国産のコーヒー豆が誕生しました!

それがアガリバル農園で作られた「AGARIBARU」です!

このコーヒー豆の制作には、ドラマチックな多くの苦労と努力がかかっています!

元々沖縄セラードコーヒーさんは先人たちの残した土地を生かして、無理矢理に農地にするのではなく、沖縄特有の気候、作物を通して、「沖縄だからこそのコーヒー」を考えていたそう。そして、沖縄で栽培、収穫、加工、焙煎、提供という一連の流れを実践することで、海外の豆よりもよりフレッシュにコーヒーづくりができると考え、沖縄が新たなコーヒーの産地として注目されるように努力しつづけています。

特に、創業から培ったコーヒーの焙煎技術や、数々のコーヒー豆を見ることで得た栽培、加工技術を用いて、独自のコーヒー豆を作っています。

それでは実際に、どんな工程があったのかを見ていきましょう!

 

沖縄セラードコーヒーの取り組み

このコーヒー豆「AGARIBARU」沖縄セラードコーヒーさんが元々パイナップル畑だった土地を開拓し、コーヒー畑にして栽培されたそう。

開拓したのも大変ですが、その後も台風に見舞われ、苗木が何百本も飛ばされるなど、なかなか厳しい状況に追い込まれたこともあったようです!

本格的にコーヒーチェリーが収穫でき始めたのは2018年。2010年に取り組んでから、実に7年後でした!それでも、少量で、製品化には至らなかったそうです。

機材の面から考慮して、プロセスとしてはできるだけクリーンな味わいがでるようにグアテマラの伝統的な水洗式(washed)を選びました。

また、コーヒーチェリーの果肉を除去する際に残る粘液をこれまた中米で使われるドライファーメンテーションという方法で、分解除去しているそう!

収穫・精選後にはじっくり二週間天日で乾燥させ、できるだけ、豆にダメージを与えないようにしています。乾燥が終わると、豆の水分値を11%に下げ、水分値を安定させるため二か月間寝かせてから、脱穀します!脱穀したグリーンコーヒーをさらに手によって選別作業し、ようやく、焙煎前のコーヒーの生豆になります。

このように、

栽培→収穫→コーヒーチェリーの果肉除去→粘液質の除去→乾燥→エイジング二か月(水分値を安定させるため)→脱穀→手による選別→焙煎

という流れになっています!とても手間ひまかけて、繊細に丁寧に豆を扱っていることがひしひしと伝わってきます!そんな沖縄セラードコーヒーさんのコーヒー豆の品種はムンドノーボ種(推定)で収穫時期は二回あり、それぞれ味が異なるそうです。

1st CROPは完熟までの熟成時間が短く、少し渋み、青さが余韻を残すようです。

2nd CROPは1st CROPよりも完熟までの熟成に時間をしっかりかけられた分、完熟果実の甘味と質感が感じられる味わいになっております!

ハワイコナをLED照明で栽培中!!奮闘記が気になる方はこちらの記事をご覧下さい。

コーヒーの木をLEDで栽培!!奮闘記『ハワイコナ』

 

AGARIBARU販売について

現在(2021/1/31)は売り切れておりますが、また2021年の四月から販売されるようです。

価格としては100g/3700円。少しお高めに思えるかもしれませんが、日本で栽培から作るとこのような値段になってしまうんだそうです。でも、今までの制作過程を考えれば、納得できるお値段に思えてきませんか?

この「AGARIBARU」ですが、沖縄では実店舗である「Beans Store」にて販売されております。店舗は那覇市の北部に位置する沖縄県浦添市にある「Beans Store港川店」。それから、浦添市の西海岸にできたサンエー浦添西海岸パルコシティにある「Beans Storeパルコシティ店」の二店舗を構えています。

しかし、この記事を読んでる人で、沖縄住みじゃない人ももちろんいますよね。

安心してください!沖縄セラードコーヒーさんのホームページではオンラインの通販も実施されております。さきほどまで紹介した「AGARIBARU」はもちろん海外から輸入された豆もあります!

ぜひ覗いていないみてはいかがでしょうか?

さあここまで、ご紹介してきた沖縄セラードコーヒーさん独自に作り上げた100%沖縄産コーヒー豆「AGARIBARU」はいかがだったでしょうか。

大変な苦労の上にコーヒーが出来上がっていると思うと、なんだか、普段口にする一杯も愛おしく思えてくるんじゃないでしょうか。

毎日の一杯を充実させるためにも、気になった方はぜひ!

コーヒーの木の育て方
日本のコーヒーの木の栽培をご紹介!!頑張れ日本♪♪

 

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です