クレバーコーヒードリッパー
各器具淹れ方

クレバーコーヒードリッパーとは?実際の使い方や特徴をご紹介!!

「クレバーコーヒードリッパーとは?」
「実際に使ってみたいから特徴などを詳しく知りたい!」
このような疑問をお持ちの方に対して、本記事ではクレバーコーヒードリッパーの特徴や使用する際のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

クレバーコーヒードリッパーの特徴や発祥地

クレバーコーヒードリッパーの発祥地は台湾です。
台湾は日本となじみの深い国なので、すぐに伝承された可能性がありますね。
誰でも簡単に作ることができるからこそ、名前にクレバー「賢い」という意味があり、「弁」を開けた状態にすることにより普通のドリッパーのように利用することも可能になります。
そのため、その日の気分によって使い分けることができるのでそのような意味でもクレバーなコーヒードリッパーとも言えますね。
また、クレバーコーヒードリッパーは一定の時間の間漬け込む感じでコーヒーを淹れるので成分が一般的なのよりもよりしっかりと抽出されますし、よりコクのあるコーヒーを作ることが可能になります。
フィルターでの濾過作業もあるので、無駄な粉なども取り除くことができより飲みやすいコーヒーを作ることもできます。
初心者でも、クレバーコーヒードリッパーを使えばコクが出ていてなおかつすっきり飲みやすいコーヒーを作ることができ、最強のコーヒードリッパーといっても過言ではありません。
しかし、しっかりとよりコーヒーの味を感じたい方は、フレンチプレスなどを利用したほうが濃厚になりやすいのでお勧めになります。

 

クレバーコーヒードリッパーのメリット・デメリット

【メリット】

1.作り方さえ決めておけば簡単にコーヒーを作れる
クレバーコーヒードリッパーは淹れ方がとてもシンプルで簡単なので、誰でも簡単にコーヒーを作れることができます。
そのため、家族に淹れてもらうことはもちろん業務用として社員の人でも覚えることが少ないので簡単に入れることが可能になります。
誰でも簡単に淹れれるということは、コーヒーを作る際のレシピが直結するのでかなりレシピが重要視されます。

2.フタがついているので保温効果が高い
クレバーコーヒードリッパーの場合、浸す時間があるのでその待ち時間にコーヒーが冷める可能性があります。
そのため、コースターと呼ばれるフタのようなものがありそれがコーヒーの温度を一定に保ってくれる効果があります。
いつでも冷めていない暖かいコーヒーが飲むことができるのでとても便利で使いやすいです。

【デメリット】

1.一般的なコーヒードリッパーよりも時間がかかる
コーヒーの抽出に時間がかかるのは、一般的なコーヒードリッパーにはないデメリットになります。
やはり、お湯を注いだ後に漬けておく必要があるのでその分抽出時間がかかりすぐにコーヒーを飲みたい人にはあまりお勧めできないかもしれません。
また、途中で攪拌などの作業もあり少し手間もかかるので他の作業をしながらだと気が散って集中することができない可能性があります。

2.味にあまり変化が出ない
メリットでも挙げた通り作業が簡単なため、いい意味でも悪い意味でも原料となるコーヒー豆によって味の良さが決まります。
そのため、良いコーヒー豆を使うとおいしいコーヒーを飲むことができますが、あまり良くないコーヒー豆を利用した場合にはおいしいコーヒーを楽しむことが難しいです。
実際にTwitterや楽天のレビューサイトに利用したことがある人の口コミがあるので、それをみて自分にクレバーコーヒードリッパーが向いているか確かめる必要があります。

blank

クレバーコーヒードリッパー Sサイズ(1〜2杯分)【あす楽】【ZK】【RCP】

価格:1,980円
(2022/3/5 09:45時点)
感想(51件)

blank

クレバーコーヒードリッパーの使い方

クレバーコーヒードリッパーには、使い方があるのも特徴ですがとても簡単だと言われています。
使い方としてはSサイズとLサイズで若干異なるものの、基本的には同じです。どこが違うのかというと、使用するコーヒーの粉とお湯の量です。Sサイズではコーヒーの粉は22グラムを使い、お湯は360ミリリットル使います。

一方Lサイズは、コーヒーの粉は33グラム使い、お湯は530ミリリットルです。そしてSサイズでもLサイズでも3分から6分抽出しますが、出来上がるコーヒーはSサイズでは約300ミリリットルで、Lサイズの場合は約400ミリリットルが出来上がります。

【抽出方法】
1.まずはフィルターを設置します

2.コーヒーを約22gほど入れます

3.360㏄のお湯を一気に注ぎます
 あらかじめここで360㏄をしっかりと計量することによって秤を使う必要がありません。

4.お湯を注ぎ終えたら軽く攪拌してから、フタをして約3分ほど待ちます 
 この時に持ち上げてもコーヒーはこぼれることはないので、持ち運ぶことも可能になります。

5.約3分後に時間が来たらサーバーに乗せて抽出作業をします。
 この際に、大体1分ほどでろ過作業が完了します。

6.コーヒのカスですがフィルターごとそのまま捨てることができるので後片付けも簡単にできます。

7.カップ2杯分のコーヒーがとても簡単に作ることができます。

【クレバードリッパー以外の器具の淹れ方についてはこちらの記事をご覧下さい】


美味しいコーヒー淹れ方
美味しいコーヒーはどうやって淹れれば良いの??各器具の淹れ方をご紹介!

クレバーコーヒードリッパーに必要な器具

この記事を読んで「クレバーコーヒードリッパーを使ってコーヒーを飲みたい!」と感じた方は以下の器具をそろえるようにしましょう。
・自分に合ったサイズのクレバーコーヒードリッパー
・コーヒーを淹れる時のフィルター
これらを準備することによってコーヒーを淹れることが可能になります。
今では、アマゾンなどで簡単に購入することができるので、専門店などが近くにない方は通販を利用することをお勧めします。
通販で買うのは不安な方は、ネットで調べるとコーヒー専門店などでクレバーコーヒードリッパーを取り扱っているところがあるので、そこにお問い合わせすることをおすすめします。

blank

クレバーコーヒードリッパー Sサイズ(1〜2杯分)【あす楽】【ZK】【RCP】

価格:1,980円
(2022/3/5 09:45時点)
感想(51件)

blank

口コミからわかったこと
インスタグラムやツイッターに実際に利用した人の声が多くありましたが、非常に高評価な意見が多く買う価値があるように思いました。
また、インスタ映えするような写真も撮ることが可能なので、写真好きの方などにもおすすめできます。
その他にも、youtubeなど動画を使って分かりやすく解説している動画も多くあるのでそれらを参考にしながら自分に合ったクレバーコーヒードリッパーを選び最高のコーヒーを淹れるようにしましょう!

 

 

 

ブログのフォローをお願いします!励みになります!