コーヒーかす 再利用の方法

コーヒーを淹れた後のカスを捨てずに使える??家庭でも簡単に出来る再利用方法をご紹介!


毎朝コーヒーを淹れて飲むのが日課。またはおやつの時間にコーヒーブレイクがホット一息つける時間。そんな方も多いのではないでしょうか。気分転換になったり気持ちをシャキッとさせてくれる効果のあるコーヒー。しかしコーヒーのパワーはそれだけではないのです。毎日コーヒーを淹れていたら、その分出ることになるコーヒーかす・・・。そのまま捨てていませんか?そんなのもったいないです。

今日はコーヒーの豆かすのおすすめ再利用方法をお話しします。

 

消臭剤として再利用

コーヒーかすは臭いを吸着する効果があります。そのため、消臭剤として利用できます。利用する際は、濡れたままだと、カビが発生することがあるので、まずはしっかりと乾かしましょう。乾いたコーヒーカスはお茶パックに入れたり、瓶に入れたりして利用します。靴箱にコーヒーカスを入れた瓶を置いておくと、嫌な臭いを吸収してくれます。アンモニア臭に関しては活性炭より効果があるとも言われているので、とても優れものです。

他にも冷蔵庫やタッパー、魚焼きグリルなどの臭いの消臭にも効果的です。元々飲み物だったので、食品関係の場所にも抵抗なく利用できますよね。他にもお茶パックに入れると、気になる所に手軽に置けるのでとても便利です。

 

肥料として再利用

 

コーヒーカスには小さな穴があいています。それが土の中で微生物の住みかとなることができます。有機物が豊富な土は植物の育つ環境として適しています。また、植物に適している土は、通気性、保水性のバランスがよい土です。コーヒーカスの小さな穴が、その通気性、保水性を良くする役割を担っています。

コーヒーカスは栄養を与えるというよりは、土の状態をより良くする土壌改良剤のような効果があります。土の状態を良くする他にも、土の臭いを消臭してくれる効果さらに防虫効果もあるので、一石二鳥です。肥料として利用する場合は、土にコーヒーカスを混ぜて、発酵させて遣いましょう。

 

針山として再利用

 

ハンドメイドされてる方などは針山がおすすめです。中身にコーヒーカスを利用できます。コーヒーカスの適度な油分が針の滑りを滑らかにし、錆の防止にもなります。針山に利用する場合は、濡れているとカビの発生などに繋がるので、コーヒーカスを良く乾かしてから、中身に使いましょう。無駄なく、効率的に利用できます。

コーヒーかすを再利用してコーヒーカップを作成?!奮闘記もご覧ください

備前焼コーヒーカップ
コーヒーの豆カス再利用、コーヒーカップを作成!!奮闘記!!

 

洗剤として再利用

 

油性のものを扱ったあと手がベトベトになり普通の洗剤だと中々落ちないということはありませんか?油性の物質を扱う事がある場合に洗剤と混ぜて使う方法が有効になります。専用の手洗い用の洗剤が販売されていますので、それを使えばきれいにベトベト感は拭うことが出来ますが、一般の素人には高価ですし、入手しにくいものです。

そこで一般的な手洗い用の洗剤と一緒に乾燥させたコーヒーかすを混ぜて、手を洗ってみてください、思いのほか、ベトベト感を取ることが出来ます。洗浄後に若干素手にコーヒー臭が残りますが、コーヒー好きには全く気にならず、むしろ変な石鹸臭い状態より良いかもしれません。これは、焙煎された炭状態のコーヒーかすにある多数の細孔による効果であろうと推察されます。脱臭効果と同様です。

 

コーヒー炭として再利用

 

コーヒー炭として再利用しています。既に市販品としてコーヒー炭は世に出回っていますが、それを自前でやろうというものです。薪ストーブなどを使っている方であれば、一緒に炭として燃やしてしまえば暖も取れますし、また多少の香ばしいコーヒーの香りも楽しめます。乾燥したコーヒーかすに水で溶いた片栗粉を混ぜて固まらせます。形はご自身の好きな形にして、天日干ししたものを使っています。

 

蚊よけとして再利用

 

この夏絶対に試して頂きたい方法は蚊よけです。コーヒーかすが蚊よけになると知っている方は少ないのではないでしょうか?このやり方はアロマのように使うということです。乾燥したコーヒーカスに火をつけ煙を出すことで蚊よけにします。お香やアロマキャンドルのようにお洒落な容器でやるとより雰囲気が出て良い方法になります。

どの方法もコーヒーカスをしっかり乾燥させてから使用してください。自然乾燥以外にすぐ使いたい時は電子レンジでチンするのもおすすめです。

面倒なのでその都度捨てている方も多いと思いますが、コーヒーカスの再利用方法は結構な数あります。その利用方法を知ればやってみたくなるのは間違いないです。地球のエコ活動、リサイクルが叫ばれているこの時代です。ぜひ一緒に優しい生活をしてみませんか。

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です