コーヒーの木の育て方
コーヒーの木の育て方

美味しいコーヒーの木の育て方♪♪注意点やQ&A形式で疑問にお答え!!


コーヒーが好きな方は一度は思ったことがあるのではないでしょうか??

コーヒーの木を育てて自分のコーヒーを作ってみたい」と

私もその一人で、美味しいコーヒーを育てたいという気持ちはあります、ただコーヒーの木は繊細で、日本で育てるのは難しいとされています。では実際にコーヒーの木はどのようなものなのかをご紹介していきます。

コーヒーの木について

コーヒーの木は、観葉植物として良く見られます。年中濃い緑色の葉っぱをし、白い花を咲かせます。また、コーヒーの木は日陰でも、よく育つので観葉植物としても人気があります。部屋にコーヒーの木を置くだけで、部屋の雰囲気がリラックス空間になります。コーヒーの花は、5〜6月頃に白く小さな花を咲かせ香りは、ジャスミンによく似ています。

そんなコーヒーの花に、とても可愛らしい花言葉があります。

それは、『一緒に休みましょう』と言う花言葉があります。

コーヒーの木には、観葉植物用として3種類あり、コーヒー木の三大種と呼ばれる代表される種です。

コーヒーの木三大種◾️ 【アラビア種】

観葉植物として、アラビア種が世界の7割を占めています。『耐陰性』『非耐寒性』『常緑性』という特徴を持っています。ある程度の環境でなければ育ちが悪く、病気にかかりやすく育てることが難しいとされています。コーヒーベルトと呼ばれる地帯でよく育てられています。

 

◾️ 【ロブスタ種】

ロブスター種は、ベルギーで生まれ、とても病気に強いことからロブスター『強靭』と言う意味が込められて名付けられました。

アラビカ種と比べとても育てやすく、コーヒーベルト地帯でなくても育てる事が可能なことから、ベトナムなどでもよく育てられています。缶コーヒーなどによく使用されています。

 

◾️ 【リベリカ種】

リベリカ種は、高温や湿度の多いところや病気にも弱い種類で、日本国内には不向きです。

主に、アフリカ栽培されて消費されてます。

日本に出回っているのが、アラビア種とロブスター種の2種類です。

 

コーヒーの木の育て方

コーヒーの木を、自宅で育てるには、窓やベランダから離れた場所に置くことです。コーヒーの木は、『耐暑性』で強いですが、窓やベランダからの強い直射日光にさらされると、葉が焼けてしまい枯れてしまいます。

もし、窓やベランダ側に置く時は、直射日光を避けるようにカーテンやブラインドを設置すると良いでしょう。『耐陰性』なので、部屋中でも元気に育ちます。しかし、出来ることなら春・秋は、午前中また直射日光が当たらない向きの野外に出してあげると元気で健康的なコーヒーの木に育ちます。

◾️コーヒーの木の水のやり方

『春』と『秋』は、植木の土が全体的に乾燥してから水を与える程度で大丈夫です。

『夏』は、暑さで植木の中の水分が良く蒸発するので、週に2〜3回与えてあげます。

夏の時期の水の与えるタイミングは、野外に出している場合は、土の表面がとても熱を持っているので、

気温が低い朝か夕方に水を与えます。出来るんであれば、夜の方が良いでしょう。

◾️冬の水の与え方

冬はコーヒーの木は、『休眠』の時期に入ります。

休眠時期は、コーヒーの木に水を与えすぎると根腐れする事もあるので、水をやるタイミングは、

植木の土が全体的に乾燥している時に、水を与える程度です。

水のタイミングは、7〜14日に1度ぐらいです。ご自宅の環境によって乾燥速度の差があるので、土の状態を見て確認すると良いでしょう。

休眠時期に与える水の量は、普段よりは少な目に与えます。

◾️冬の防寒対策

コーヒーの木は、寒さに非常に弱く枯れやすいです。冬の時期は、暖かい部屋に移動させると元気に育ちます。10℃以下の部屋に置いていると枯れてしまいますので、よく暖房をつけている部屋、寒さ対策が出来る工夫をしていきましょう。

 

コーヒーの木を育てるための肥料

コーヒーの木の栄養は肥料です。コーヒーの木が最も育つには、『春』と『秋』の時期です。この時期に、合わせて肥料を与えてあげます。

◾️緩効性肥料

春になって暖かくなったら。コーヒーの木に緩効性肥料を与えて行きます。緩効性肥料とは、ゆっくりと肥料の効果を持続的に植物に栄養を与えて行きます。緩効性肥料は、水に溶けるスピードが他の肥料よりも緩やかで、ゆっくりと溶けていくので肥料焼けなどのトラブルを起こすことはありません。

肥料の継続時間は1〜2ヶ月あり、初心者にも扱いやすいです。緩効性肥料は、生長期間や開花の期間にも、とても有効的です。時期としたら、春から夏の始まりまで、緩効性肥料+液体肥料を規定の濃度に薄めて与えて行きます。7月から8月は、気温が高くなり、コーヒーの木がバテてしまうので、液体肥料を10倍に薄めてあげます。9月になると暑さも過ぎ、コーヒーの木は冬に向けて強い株を作らなければなりません。この時期は、緩効性肥料と液体肥料を規定の濃度で与えて行きます。

 

植え替えのタイミング

植え替え4つの工程・鉢を用意する

・土を用意する

・植え替える

・たっぷり水をかける

*注意・・・植え替えをする場合時期は暖かい時期4月~6月ぐらいの間で行いましょう。真夏に植え替えを行うと、せっかくの成長を妨げるので控えてください。成長期に備えて行うようにしてください。

『鉢を用意する』

コーヒーの木 育て方

鉢は植え替え前よりも1~2号大きいものを選びましょう。今後のことを考えて大きいものを選びたくなりますが、大きすぎると逆に根に悪影響を与えてしまいます。徐々に大きくしていくのがしっかり育てるポイントとなります。

『土を用意する』

コーヒーの木 育て方

土は通気性、水はけのよいものを選びましょう。初めてでよくわからない場合は市販の観葉植物用の培養土で大丈夫です。配合する場合は、赤玉土:腐葉土:川砂を6:2:2で混ぜてみてもよいでしょう。土をしっかり混ぜ合わせてから植え替えてください。鉢の底に軽石を敷いて排水性を高めたり、水はけを促すパーライトを1割ほど混ぜるとさらに良く育ってくれますよ。

『植え替える』

コーヒーの木 育て方

土を入れる前に鉢の底に排水性をよくするためにネットを敷きます。移す前に根についた古い土を3分の1ほど払い落とし、しっかりほぐしてあげます。これにより、新しい根が生長しやすくなりますので、大変ですが丁寧にすることを心がけましょう。根を傷めないよう気をつけながら、隙間に2の新しい土を入れていきます。土の量は鉢の縁から土が1センチくらい低くするとよいですよ。

『たっぷり水をかけて完成』

コーヒーの木 育て方

植え付け後はたっぷりと水をかけて、直射日光の当たらない場所に移動させてください。植え替え終わったばかりは根が水を吸い上げづらい状態になっています。発根を促進させる活力剤を与え、一週間程度は揚水などで水切れを起こさないように管理するとよいでしょう。

剪定して見た目をよくする

剪定する場合は、生長期の初め頃にあたる5~6月に行いましょう。植え替えが終わった後、確実に生長を促せる時期に行うことが健康に育つポイントとなります。
根詰まりや土の悪化は植物を傷めることとなるので、それ以上大きくしない場合でも定期的な植え替えは必要です。鉢は同じもので構いません。根をほぐした後に、枝と幹を3分の1くらい切り落とします。少し短すぎると思っても大丈夫です。
根は新しい物を残しできるだけ古い物を切り落としていきます。一緒に枝や葉も切り詰めましょう。土を全部払い落としてから、鉢に新しい土をすき間に埋めていきます。
長く育てていると、上の方だけに葉っぱが集中したり、外観が悪くなることがあります。そんな場合も同じように仕立て直すことができます。小さくなるようでしたら、それまでの鉢よりひと回り小さな鉢に植え替えて完成です。

植え替えのポイント

植え替えの鉢の大きさは一回りだけ大きいものを選ぶことがポイントです。突然大きなものに変えると、水が行き渡らず乾燥したり、逆になかなか乾かず過湿となり根腐れの原因になります。
また、背の高いおしゃれな鉢を使用する場合は、通常の培養土だけでは水はけが悪くなってしまうことがあります。通常の鉢より深くくぼんだ部分に軽石や大きめのパーライトを入れてかさを増やすと水はけが良くなります。
また土を鉢いっぱいにしてしまうと、水やりの際、水の入る場所がなくなってしまい、根の方まで水が行き届かない原因となります。鉢の縁から1センチくらい低くなるよう意識するとよいでしょう。

鉢のサイズ

植木鉢は深さと大きさの二つの観点で探すことができます。深さの違いは3種類あり、普通鉢・浅鉢・深鉢に分けられます。
そして植木鉢を買う上でよく目にする号数は、開口部分の大きさを表しています。ちなみに1号は約3センチほどです。
多くの観葉植物は普通の鉢を使えば問題ありません。最初は苗や株がぴったり入って、なおかつ一回り大きいものを用意すればかまいません。植え替えごとに少しずつ大きなサイズに変えていくと、のびやかに生長してくれます。
おおまかなサイズは高さ50センチまでであれば、12~18センチの鉢がおすすめです。
観葉植物を育てる際は少し大きめの鉢を選ぶことが基本となりますが、コーヒーノキはあえて少し根詰まりをさせることで、実をつけることを促進することができます。植物に危機感を与えることでたくさん実をつけてくれるのだとか。
その木の成長度合いによって変わりますが、約1メートルで7号、1.5メートルほどで9~10号を選ぶとほどよく根詰まりし、実をつけさせることができます。こちらはコーヒーの実がたくさん実ってほしい場合ですので、心配な方は大きめのものを選んで問題ありません。

 

コーヒーの木を美味しく育てる方法

コーヒーの木を上手く育てるには、4つの条件が必要となります。

『日当たり』『気温』『雨量』『土壌』と言われてます。

これらをしっかり守ることで美味しいコーヒー豆が作れます。コーヒーの木は、苗から始めると6〜10年はかかります。

やがて3〜5年になると、はじめて白い花を咲かせます。そして、花が開花してから3日すると花は散り、小さな果実を着けます。開花から、8カ月すると果実は熟し、赤くなり『コーヒーチェリー』と呼ばれてます。春に開花してから収穫時期は、12〜3月頃になります。はじめは、株が小さいのでいっぺんに取れる量は、40〜50粒ほどです。しかし、5年以上経てば約1000粒収穫されます。

日本を含めアジアでは、中々上記の条件で育てる事が難しい環境にあります、今の現段階ではビニールハウスを使用して温度管理をしながら育てている所はありますが、日本でおなじみの台風に苦しめられています。さらに昼夜の寒暖差、気圧など実を引き締めてくれる要素がある環境は日本では数ヶ所しかありません。ただ、火山王国日本の土壌はコーヒーを育てるのに適しているため、どうにか国産コーヒーが多く収穫出来る日がくると思います。

ご家庭で育てる際に、夏場を除くと室内で育てることが多くなると思いますが、ここで一つポイントがあります。

コーヒーの木に限ったことではありませんが、室内で育てる際に、日光と水やり、肥料を与えたり、霧吹きで葉を濡らしたり、鉢の大きさに気を付けたりと色々とされていると思います。

しかしもう一つ重要なことがあります。

それは風です。

無風状態でコーヒーの木を育ててしまうと、幹が太くなりません。

風を与える事で木も倒れまいと一生懸命幹を太くしようとします。ここが最終的に多く実を付けるポイントとなってきます。

果実を収穫出来たら、精選する方法が2つあるます。
『自然乾燥法』と『水洗い処理法』です。

手軽に出来るのが、水洗い処理法です。

まず、コーヒーチェリーの皮と果肉を取り除き、一晩水に浸けて寝かせます。一晩寝かせたら、水洗いすることで、完全に果肉が取り除かれ、生豆になります。生豆を完全に乾燥させるために、約5〜10日ほど天日干して後は、炒ればコーヒー豆の完成です。

コーヒーの木をLEDで栽培!!奮闘記『ハワイコナ』

 

コーヒーの木の病気と害虫

【サビ病】

サビ病は、梅雨などの雨の多い時期に発生しやすくなります。コーヒーの葉の裏にオレンジ色の斑点がサビに見えることから、その名が付きました。この病気は、葉や茎が変形し、やがて枯れてしまいます。とても恐ろしく、この病にかかってしまうとほぼ全滅します。

感染部位を切断しても感染が広がる時は、コーヒーの木丸ごと処分しましょう。

【ハダニ】

ハダニは、20〜30度気温が高く乾燥することで発生します。ハダニの体長は、0.3〜0.8mmで葉の裏に白い粉のように着いて発生します。ハダニは、葉のエキスを吸って植物自体を弱らせて行きます。

体が小さいので水滴1つで溺れてしまうので、霧吹きスプレーなどを使用すれば除去出来ます。また、薬剤を使用したくない時は、牛乳を10倍に薄めてやるのも効果的です。

【カイガラムシ】

カイガラムシは、体長1〜3mmあり、体全体が白っぽくい見た目です。カイガラムシは、植物のエキスを吸汁し、身体から出た排出物には、すす病菌が存在し、周りの植物などに次々と感染して行きます。カイガラムシを発見したら、カイガラムシを上手く取り除いて、市販のカイガラムシ防除スプレーをすると良いでしょう。そして、1度カイガラムシが着いたら、またカイガラムシが発生する可能性があるので、良く観察をしておきましょう。

◾️注意

カイガラムシの排出物からは、糖類が含まれているので、アリやアブラ虫やコナジラミが寄ってきます。アリの形跡が無いか注意しましょう。

コーヒーの木 白色 大丸 陶器鉢(黄色小石) 珈琲 coffee コーヒーノキ 苗木 苗 観葉植物 植物 鉢植え 鉢 送料無料 白 ホワイト 丸 丸形 ラウンド ボール

価格:2,980円
(2021/3/6 20:28時点)
感想(15件)

コーヒーの木の栽培についてのQ&A

Q,コーヒーの木は家庭でも栽培できますか?

A,はい、コーヒーの木は一般的に観葉植物として栽培されることが多く、室内であっても栽培することが出来ます。
コーヒーと言えば、嗜好品として飲用する目的でよく私達の生活に関わっていますが、耐陰性(日陰でも栽培できる)があり、艶のある濃い緑の葉と、綺麗な赤い実を付けることで観葉植物としても高い人気を誇ります。

 

Q,栽培するのに必要なものはありますか?

A,コーヒの木は強い光線に弱いので、地植えには向きません。鉢植えとして育てます。主に小~中サイズの鉢植えが一般的です。鉢内に種を数個蒔いて発芽させてボニュームのあるものもよくあります。

準備するものとして「コーヒの木の苗」「鉢」「受け皿(鉢のサイズ)」「鉢底ネット(鉢の穴が1つの場合)」「土」「スコップ」「割り箸など細い棒」「じょうろ」「園芸用のハサミ」があります。室内に飾る場合は室内に合ったイメージの鉢やカバーを用意すると見た目もよくなるでしょう。
通気性と水はけのよい用土を好みますが、市販の観葉植物用の培養土などをつあうのが手軽です。室内向きの軽い用土は赤玉土小粒6、ピートモス3、パーライト1などがあります。7~8号以上の大株は、培養土や配合した用土に軽石を1~2割程度足して水はけをよくしてください。

 

Q,自分でコーヒーの木を栽培して、収穫することは出来ますか?

A,個人であっても収穫目的で栽培することは十分可能です。
コーヒーの木は耐陰性がありますが、本来は強い日光を好む植物です。
そのため収穫目的で栽培する際には、観葉植物としてではなくしっかりと屋外で日光の当たる時間や、気温といった気候にも気を配っていく必要があります。
コーヒーの木は頑丈な植物なので、初心者でも比較的簡単に栽培することが出来るでしょう。

 

Q,コーヒーの木を栽培するときに気を付けることはありますか?

A,コーヒーの木の栽培に特に気をつけるべきことは気温です。
寒さに弱いので、特に株が小さいときには室内などで気温が下がり過ぎないようにしましょう。
またコーヒーは日光を好む植物ですが、夏場などであまりに強い日光に当て続けると葉が枯れてしまうことがあります。

そのほかでは成長が早いので、鉢植えで育てる際には根詰まりを起こしやすいということが挙げられます。
鉢の底から根がはみ出しているような状態であれば根詰まりを起こしているので早めに他の大きめの鉢に移すようにしましょう。

 

Q,コーヒーの葉が萎びれました!原因と対処法はありますか?

A,まず確認することは、適切に水やりが出来ているか、茎や葉にアブラムシといった害虫がついていないかです。
特に害虫は植物の栄養を吸い取り傷つけるばかりではなく、植物の病気の元となるウィルスを媒介することがあります。

しっかりと確認して虫などが付いていないようであれば水やりの量を確認しましょう。
水やりの量は鉢植えの用土の水分量で判断します。
季節や日光の当たり具合で大きく変わってくるので用土全体に水分が浸透している状態を維持するように気をつけてみてください。

 

Q,白い斑点が点在しています、何かの病気でしょうか?

A,白い斑点はハダニに吸われてしまった箇所で、見つかった場合にはハダニの駆除が必要です。
ハダニは体長1mmにも満たない非常に小さい害虫なので見つけづらく対処も難しくなります。
対処としては、ガムテープ等で剥がすことや場合によっては殺虫剤を使用します。

日常から霧吹きでコーヒーの木全体を濡らしておけばハダニの発生を未然に予防することが可能です。
殺虫剤を使いたくない際には10倍に薄めた牛乳などを霧吹きで吹きかけるという方法もあります。

 

Q,コーヒーの木の内、主に栽培されている品種はなんですか?

A,コーヒーの木の内、商業用に用いられて特に有名なのが「アラビカ種」と「ロブスター種」です。ロブスター種はカネフォーラ種とも呼ばれています。「アラビカ種」は世界中で生産されるコーヒー豆の6割から7割を占めており、特徴として酸味が強く、香りがよく品質が高いコーヒーとされています。現在欧米や日本で飲まれているコーヒーのほとんどがこの「アラビカ種」と言われています。しかし、病気や害虫に弱く、日照りや大雨などの天気の変化を受けやすく育てるのが難しいため、手間がかかる種だと言われています。

「アラビカ種」が育つのには15~25度くらいのちょうどいい気温が必要とされます。一年に降る雨の量は1000㍉から2000㍉ほどで水分が多い土地よりもやや乾燥した土地が向いています。

一方で「ロブスター種」はその名前の由来が「頑丈な」や「丈夫な」というように病気や害虫に強いのが特徴です。アラビカ種がかかってしまう伝染病である「コーヒーさび病」にも耐性があります。またアラビカ種よりも育てやすく、高地でなくても栽培できる品質であるとされています。インドネシアやベトナムの人々はこの「ロブスター種」を好みます。

しかし味にくせがあり苦味や渋味が強く通常は砂糖とミルクを入れて飲まれています。インスタントコーヒーや缶コーヒーに使われるのもこの「ロブスター種」です。

 

Q.葉っぱが茶色になってきた!どうしたらいいの?

A.葉っぱが茶色く変色する原因は様々あります。
例えば、置いている場所の温度が低いと葉っぱが茶色く変色し、枯れてしまう原因ともなります。
なので、できるだけ日の当たる場所であったり、暖かい場所に置くことが大切です。
理想的なのは16℃以上ある環境とされているため、寒い時期には暖房をつけて温度を保ってあげることも大切です。
ただ、日差しの良い場所に置いていることも葉が茶色になる原因となる場合があります。
それは、夏場などの日差しが厳しい時期に起きやすいのですが、直射日光を浴びすぎると葉が焼けてしまうことがあるのです。
日焼けをしたような状態になるので、一目見て葉焼けしたことがわかるでしょう。
この場合は、もう戻ることができないので、葉焼けしてしまった部分は切り取って、起き場所を改善する必要があります。
反対に日照不足でも栄養不足を起こし、葉は茶色く変色してしまうことがあります。
栄養不足という点では水のやりすぎも葉っぱが変色する原因でもあります。
水の上げすぎや日照不足は根がしっかりと発達しないせいで、葉っぱも茶色になってしまうことが考えられます。
冬場の水の上げすぎや起き場所には気をつけましょうね。
このほかに葉が茶色く変色する原因として考えられるのは、鉢の通気性が悪かったり、土が古いということです。
どちらも株の成長を妨げる要因となります。
通気性を良くし、新しい土に植え替えてあげることで改善することができます。

【お試しサイズ】 コーヒーの木 つやつや葉 4号 白色 鉢カバーセット coffee 珈琲【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_メッセ入力】コーヒーノキ ギフト 苗木 ドリップ カップ 敬老の日 ポイント消化 観葉植物

価格:980円
(2019/2/2 10:25時点)
感想(0件)

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です