私のこだわりの淹れ方

コーヒーに卵を入れて大丈夫なの??『エッグコーヒー』その美味しさについてご紹介!

今回ご紹介するコーヒーは少し珍しいコーヒーの飲み方『エッグコーヒー』についてご紹介します。
ただ単に卵コーヒーと聞くと、、、、ちょっと、、、、という方の方が多いと思いますが、実際に騙されたと思って飲んでみると意外とその美味しさにはまる方もいらっしゃると思います。

マイルドな美味しいコーヒーに仕上がるエッグコーヒーの魅力をご覧下さい。

エッグコーヒーの作り方だけ知りたい方は、目次から自宅で簡単エッグコーヒーの作り方は?へ移動してください。

【美味しいコーヒーを安く飲みたい方はこちらのお店の初回がお勧めです】

な!なんだ、このコーヒー!?

エッグコーヒーの歴史について

エッグコーヒーはベトナムで生まれたコーヒーで、現地では卵コーヒーと呼ばれ親しまれているコーヒーです。このコーヒーが生まれた背景ですが、1946年当時においてインドシナ戦争の真っ最中で農業を中心とした国づくりをすることを宣言したこともあり、戦争の影響下で牛乳の生産が止まるという事態にみまわれていたのです。

コーヒーにとってつきものである牛乳が無いわけですから、コーヒーの味をまろやかにする方法が何かないかと探してた最中当時の人が編み出したのがコーヒーに卵を入れて飲むという方法です。

正確には、当時のバーのバーテンダーの方の知恵で泡立てた卵の黄身を使用することで、コーヒーに使用されているミルクのような代わりになるのではないかと生み出されたのがエッグコーヒーです。

このコーヒーは戦後、流行の兆しを見せ周辺国にも広まり、ベトナムまでエッグコーヒーを求めて観光客が訪れる観光スポットも生まれたのです。

エッグコーヒーって、どんな飲み物?

コーヒーの生産量世界第2位の国であるベトナムで、コーヒーが広まったのは、フランス植民地時代だと言われています。そして、その時フランスから伝わった組み合わせ式フィルターは、今ではベトナム式のコーヒードリッパーとして有名です。

そんな専用フィルターでじっくりと抽出した濃い目のコーヒーに、卵黄・砂糖・練乳で作ったクリームをのせて完成させたものが、「エッグコーヒー」です。

コーヒーと生卵の組み合わせと聞くと、少し抵抗を感じる方もいるかも知れませんし、「本当に美味しいの?」と思われる方も多いと思います。

けれど、一見かなり奇妙な組み合わせではある、この「エッグコーヒー」ですが、苦味の強いコーヒーに卵黄と練乳のクリームがうまく混じり合い、とてもまろやかな奥深い味を楽しむことができます。

またこの「エッグコーヒー」は、別名「飲むティラミス」とも呼ばれていますが、最初から全体を混ぜずに、上の泡の部分だけをすくって食べるのもおすすめです。

卵の味が口いっぱいに広がり、まるで甘いデザートを食べているような、そんな美味しさを楽しめるのが「エッグコーヒー」なのです。

新たにエッグコーヒーが誕生した理由

臭いが気になるという点はエッグコーヒー誕生の現地においても承知されていました。そこで改良されて登場して受け入れられたのが練乳を入れる卵コーヒーなのです。

このコーヒーが生まれた理由ですが、観光で卵コーヒーを提供しているお店というものがありますが、当時の卵コーヒーのまま提供した場合、残念ながら現地の人もそれほど好まないくらい臭いの強いもので好んで飲む人がいなかったのです。

そこで、観光に影響するということもあり、エッグコーヒーを改良する必要性が生まれ、登場したのが新卵コーヒーで練乳を使用したスイーツ感覚のコーヒーの登場です。

こちらの方式の卵コーヒーは日本人に大いに受け入れられ、ティラミスのような味わいが受け入れられ現在においても提供されているコーヒーの一端となりました。

ちなみにベトナムはスイーツの激戦区でもあり、日本のたい焼きのほかおはぎなんかもあり、スイーツ文化も独自に進化しているためこうした、エッグコーヒーなどが生まれたものであるとされています。

インスタントコーヒーで作るウィンナーコーヒーが気になる方はこちらの記事をご覧下さい。

インスタントコーヒーをもっとお洒落に『ウィンナーコーヒー』♪♪

エッグコーヒーはどこで飲めるの

「エッグコーヒー」は、ベトナムのハノイのカフェならば、必ずといっていい程おいてあるメニューなので、行けば手軽に楽しむことが出来ます。そして、その中でやはりおすすめなのは、「CAFE GIANG」でしょう。元祖ということはもちろんのこと、その味の良さで人気が高く、地元の人はもちろん、海外からの観光客でいつも混みあっています。古びたビルの中にあり、出入り口は狭く、入ってからも長細い通路が続き、「ホントにこんなところにカフェがあるの?」と、ちょっと不安になるかもしれませんが、そのまままっすぐ進んでいくと、じきにお店が見えてきます。

まるで隠れ家のような趣のあるカフェです。そして、こちらのカフェで提供される「エッグコーヒー」ですが、お湯の入った器に、カップが入ったまま提供されるのが特徴です。これは最後まで冷めないようにという店主の気遣いです。もしハノイに行く機会があれば、ぜひこの発祥のお店で、その歴史に思いを馳せながら、伝統の味をいただいてみて下さい。

「ちょっとハノイまでは行くのは無理」という方。そんな方にはうれしい情報があります。こちらの「CAFE GIANG」には横浜に支店があります。そしてなんと「CAFE GIANG」があるのは、世界中でハノイ本店と横浜支店の2店舗だけというのですから、驚きです。

長い間お願いして、なんとかのれん分けをしていただいたという話もあり、本店と変わらぬクオリティーで提供されています。また、横浜支店のメニューには日本オリジナルの「エッグ抹茶」というのもあり、こちらに行ったなら、ぜひいただいてみたい一品です。

もう一つハノイでご紹介したいのが、「Cafe Dinh(カフェ・ディン)」です。こちらで提供される「卵コーヒー」には、コーヒーアートが施してあり、味とともにその美しい見た目に癒されます。旧市街の中心に近いロケーションなので、観光の途中で街歩きに疲れたら、休憩に寄るのにも便利です。見た目も内装もかなり古めのカフェですが、いつも地元の方や観光客であふれていて、人気の高さがうかがえます。

自宅で簡単エッグコーヒーの作り方は?

「卵コーヒー」をもっと手軽に楽しみたいという方、実は「卵コーヒー」は自宅で簡単に作ることが出来ます。

必要材料・コーヒー1杯に対して黄身2個(新鮮な卵を使用してください)

・砂糖小さじ1

・練乳大さじ1

作り方は、はじめにコーヒーを抽出します。

この時使用するコーヒーは、卵黄に味が負けてしまわないように、濃く抽出するか、またはエスプレッソなどを使用するようにして下さい。

味と香りは少し落ちますが、もっと手軽に作りたいという方は、インスタントコーヒーを濃い目に作ったものを使用してもいいでしょう。

次に、コーヒーを抽出している間に、小さめのボールに卵黄と砂糖を入れてよく混ぜ、泡立て器で泡立てます。少し泡立ったところに、今度は練乳を加えてしっかりと泡立てます。

カプチーノなどと同じで、この泡が不十分だと、美味しい「エッグコーヒー」になりませんので、時間をかけて丁寧に泡立てましょう。

そして温めておいたカップに、コーヒー、卵クリームの順にゆっくり静かに注ぎ入れば、出来上がりです。

この時ガラス製のカップを使用すれば、コーヒーと卵クリームがきれいに二層に分かれている様子が見えて楽しめます。お好みでシナモンやココアパウダーなどをふっても、また別の味わいが楽しめます。また、暑い時季などは、アイスコーヒーにしても美味しくいただけます。

この機会に未知のエッグコーヒーにはまってみて下さい!

【美味しいコーヒーを安く飲みたい方はこちらのお店の初回がお勧めです】

な!なんだ、このコーヒー!?

 

 

 

 

ブログのフォローをお願いします!励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。