コーヒー豆知識

コーヒー豆は飲む以外に使い道もあり、食べることも!!


コーヒー豆は食べられるという感覚がある方は少ないかと思います。多くの方はコーヒー豆を焙煎して、粉にしてフィルターにかけて、コーヒーの香り、味などを楽しむ方もいらっしゃいますが、豆知識としては、コーヒー豆は食べることもできるということを知っておくといいです。コーヒー豆を食べることでの効能などを紹介していきます。

コーヒー豆を食べるメリット

コーヒー豆を焙煎したりしてフィルターでこして飲む時の効能と同じように、集中力を高めることもできますので、仕事の面で大変役立ちます。

コーヒー豆を食べることで、脂肪を燃焼させたりする効果もありますので、女性の方はもちろんですが、男性の方にもおすすめできます。でも、ダイエットをするために、コーヒー豆だけ食べると栄養の面でバランスが悪くなったり、コーヒーの特性として、覚醒されることもありますので、夜にコーヒー豆をたべることは避けるべきです。生活習慣病にもいいとされているので、積極的に食べることをおすすめします。

コーヒー豆なので苦みがありますが、香ばしい香りがして美味しいです。おやつにもぴったいりな豆と言っても過言ではないです。

 

コーヒー豆と一緒に摂取は控えるべきもの

食後にコーヒーを飲む方も多く、それと一緒にダイエットサプリを飲む方もいらっしゃいますが、コーヒーとサプリとの相性は悪いので、なるべく控えることが大切です。現在は、多くの女性などダイエットに夢中になっている方も多いですが、食後に飲むのではなく、食前に飲むようにすると、油の吸収も防ぐことができます。

意外と思うかも知れないですが、たばことの愛称も良くないということです。といっても、たばこを吸う時には、コーヒーはセットでないとという方もいらっしゃるかと思いますが、基本的にはたばこは人体に害があることで多くの人に知られていることです。たばこの匂いが口の中に残って、本来のコーヒーの味を損ねてしまうからです。ですから、コーヒー豆を飲んだり食べたりする時には、たばこは別にして喫煙をした方がいいです。

食べるものとして、チョコレートも避けた方がいい部類に入ります。一見チョコレートは、コーヒーとの相性がいいと思われてますが、コーヒー豆の成分としてカフェインが入っていることはご存知の方も多いですね。チョコレートにもカフェインが入っているのをご存知でない方は、チョコのパッケージの裏を見て成分をご覧になってみてもらいたいです。

他にもカフェインが入っているものはありますので、
カフェインが含まれているものと一緒に、コーヒー豆を飲んだり食べたりすると、カフェインの摂りすぎになってしまいます。コーヒーは一日3、4杯に留めておくことが重要なのですが、コーヒー豆を一日何粒までいいのかということですが、大体、20粒に抑えておくことがいいですね。多く食べたからと言って、体にいいわけでもないです。コーヒー豆一粒にも1グラム強なので、効率よくダイエットが出来なくなってしまうのです。

コーヒーかすを再利用する方法はこちらをご覧ください

コーヒーかすを再利用する方法6選をご紹介!

コーヒーかすの再利用法

『消臭効果』

コーヒーの抽出ででるカスには、臭いを吸着する脱臭効果があるのです。ご存じでしたか?この効果を利用して、ゼロ円消臭剤を作ってみましょう。コーヒーのカスを、よく乾燥させてから使用します。電子レンジで数秒間温めれば、あっという間にお手製消臭剤の完成です。コーヒーの豆かすは、ドラックストア等で売られている消臭剤よりも、何倍もの臭いの吸着力を持っています。なので、瓶などに入れてお手洗いに置き、気になるアンモニア臭を撃退しちゃいましょう。瓶も、ジャムの入っていた空き瓶を再利用すれば、ここでもエコ。もし見た目が気になるようであれば、100円ショップで売っている今流行のメイソンジャーボトルに入れればおしゃれ。さらに上級者は、一緒に貝殻やビー玉を入れたら、見えていても素敵です。

 

『除湿効果』

この効果を今度は、靴の消臭と除湿に利用してみましょう。豆かすを新聞紙にくるんで、靴の中に入れておきます。靴箱や靴の除湿に新聞紙を再利用している方は多いのではないでしょうか。これにワンランクアップ!さらに豆かすを忍ばせましょう。こうすることで、消臭効果もプラスされます。豆かすは、靴箱の消臭剤によく使用されている活性炭よりも消臭効果が高いという報告も受けています。せっかくなので再利用して、大事な靴を長く履けるようにしましょう。

 

『防虫効果』

最近ではおうちにいる時間が長くなり、ベランダでお花を育てたりしている方も増えてきているのではないでしょうか。そんな方にぜひ試していただきたいのがこの三つ目の効果です。乾燥させたコーヒーかすと土を合わせておけば、コーヒーの香りで防虫効果が期待できます。大切に育てているお花たち。ぜひ一工夫かけてあげましょう。

まとめ

コーヒー豆は、焙煎してコーヒー飲料として飲むだけでなく、
食べることも出来るのです。コーヒー豆は焙煎すると、カスが残ってしまいますが、コーヒー豆そのまま食べることができるので、健康維持のため、生活習慣病、ダイエットなどにも最適な豆となってます。

 

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です