コーヒードリッパー
各器具淹れ方

ドリッパーってどれを選べば良いの??ドリッパーの種類と特徴をご紹介


コーヒーを自宅で飲まれる機会が増えてきた今、自分で淹れたいと思われる方も増えてきたのではないでしょうか??

しかし、コーヒーの抽出器具は様々あり、どれを選べば良いかわからないと思います。今回は抽出器具の中でもハンドドリップ用のドリッパーについてご紹介していこうと思います。

コーヒードリッパーの種類

コーヒードリッパーにはいくつかのメーカーと種類があります。

代表的なメーカーでいえば、カリタは小さめの穴が3つ、メリタは小さめの穴がひとつ、ハリオとコーノ式は大きめの穴ひとつです。形状のなかでも、最も味わいに影響するのが穴の数と大きさなので、ひとつの目安にしてみるといいですね。

リブ(ドリッパーの内側にある線)の役割は、いわば「空気の抜け道」です。リブかあると、空気やガスがペーパーから外に抜けるスペースができますが、無いと上からしか抜けません。抜けようとする気体とお湯が反発するので、湯が落ちにくくなります。

カリタ式ドリッパー

株式会社カリタが自ら開発したコーヒードリッパーと専用コーヒーフィルター。ドリッパーの底面にある三つ穴の構造が「カリタ式」と呼ばれています。

3つ穴があることで抽出スピードをコントロールすることが出来、自分好みの味に調整することが出来る反面、同じ味を出すには技術が必要となってきます。

メリタ式ドリッパー

小さな一つ穴の「メリタ式」は、穴が一つだけ開いている状態なので、一定のお湯しか通りません。メリタ式の特徴は、誰が入れても味のブレが少なくなるということです。その反面自分好みの味に調整することはあまりできません。調整出来るとすると、粉の使用量とお湯の温度によるものぐらいです。

湯量の調整も含めて味の調整がしたい方は「カリタ式」

味のブレをなくして簡単に淹れたい方は「メリタ式」

をお勧めします。

こうしたドリッパーが開発されるなかで「リブ」は凄く重要で、リブが無い事により空気の逃げ道が少ないと、コーヒー粉の中に道を作ろうとして、雑味や渋みの原因となるカニ泡(プクッと膨らんだ大きい泡)を作ってしまうことがあります。

抽出法も工夫され、挽いたコーヒー豆を煮出して上澄みを飲むトルココーヒー式の淹れ方から、まず布で濾す方法(1711年 フランス)が開発され、布ドリップ(ネルドリップ)の原型となりました。これに湯を注ぐ器具として、ドゥ・ベロワのポット(1800年頃 フランス)が考案され、現在のドリップポットに至る。この他にも、パーコレータ(1827年 フランス)、コーヒーサイフォン(1830年代 ドイツ)、エスプレッソマシン(1901年 イタリア)、ペーパードリップ(1908年 ドイツ)などが開発され、多様な飲み方が可能となりました。

ハリオ式ドリッパー

ドリッパーの形状はメリタが開発した台形が主流であるが、近年では円錐形も登場しています。台形は腕に左右されず安定した味と香りが出せ、円錐形は粉の層が縦に厚くなりよりネルドリップに近くなるとされています。台形と円錐形ではフィルタの互換性が無く、HARIOは両方のドリッパーとフィルタを販売しているが円錐形の方が若干高価である。メリタとカリタは台形のみ、珈琲サイフォン株式会社は円錐形のみ販売しています。

ハリオのドリッパーも注ぐ湯量や温度によって自分好みの味に調整することが可能です。

【各ドリッパーの淹れ方に関してはこちらの記事をご覧下さい】


美味しいコーヒー淹れ方
美味しいコーヒーはどうやって淹れれば良いの??各器具の淹れ方をご紹介!

ネルフィルター

ネルフィルターとはフィルタとして布(フランネル)を使用する抽出法のことで。布と紙の材質の違いからペーパードリップよりもコーヒーに含まれる油分がより抽出されます。その理由としては、ペーパーで淹れた場合、ペーパーが油分を吸着してしまうためです。

コーヒーに含まれる油分(コーヒーオイル)は旨味であり糖質です。ペーパーでの抽出に比べてまろやかでボディ感のある味となる傾向があり、またペーパードリップのように紙の影響を受けません。味と香りは、湯の温度や注ぎ方などの抽出方法に大きく左右されます。

ネルの取り扱いには注意を要します。使用後のネルはコーヒーの油膜の酸化を避けるため、直ちに洗浄し、冷水に浸けて保存しないといけません。臭いが移るのを避けるため、洗浄の際は洗剤の類を使用せず、新品のネルは抽出済みのコーヒー粉を入れた湯で煮沸し、洗浄後に使用します。

その他の濾過材
近年、濾過材に水分透過性のある岩石(溶岩など)やセラミックス、合成繊維(ナイロンなど)や金属(ステンレス鋼など)の網など洗浄すれば再利用できる物も登場している。ペーパーフィルタ用のドリッパーにセットできる製品もあり、より経済的とされる。また濾過材の種類よって様々なドリップ法が考案されています。

ブログのフォローをお願いします!励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です