クレバーコーヒードリッパー
各器具淹れ方

クレバーコーヒードリッパーとは??最近人気のドリッパーをご紹介!!

コーヒードリッパーには様々な形や特徴があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、技術が必要なもの、そうでないものもありどれを選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか??

色々とドリッパーがある中で初心者の方でも使いやすく、美味しいコーヒーが淹れれる便利な器具「クレバーコーヒードリッパー」をご紹介します!

【クレバーコーヒードリッパー以外のドリッパーの種類が知りたい方はこちらの記事をご覧下さい】


美味しいコーヒー
お店と同じような、美味しいコーヒーを淹れるにはどうすれば良いの?疑問を解消!①

2通りの淹れ方が出来るクレバーコーヒードリッパー

クレバーコーヒードリッパーは、「クレバー」という名称通り賢いコーヒードリッパーを意味します。クレバーコーヒードリッパーは底部分に特徴があり、シリコンラバー製の弁が底部付いている形状です。通常シリコンラバー製の弁は、閉じたままの状態になっています。そのためコーヒーをセットし湯を注いだ場合においても、底穴からコーヒー液が滴る心配は不要です。

コーヒー粉がクレバーコーヒードリッパー内部において湯に浸ります。満足いく抽出が可能となったタイミングにおいて、カップ並びにサーバーの上へ置きます。クレバーコーヒードリッパー内部に溜まっていたコーヒー液が、この展開において弁が開き落ちていきます。

クレバーコーヒードリッパーは、2009年台湾において誕生し「E.K.Int’l社」から発売されました。コーヒー愛好家などの間において、クレバーコーヒードリッパーが初めて登場した際は注目の的になりました。誰でも美味しいコーヒーが、テクニック不要において淹れられることが最大の強みです。

クレバーコーヒードリッパーの特徴

コーヒーの抽出方法は透過法と浸漬法などの2種類があります。

クレバーコーヒードリッパーはコーヒー粉を、一定時間湯に浸すため浸漬法にあたります。浸漬法におけるメリットは、濃厚な味の仕上がりを実現させることです。時間をかけて徐々に抽出するため香りも豊かになります。喫茶店などにおいては、当該抽出方法を用いている店舗が多く見られます。クレバーコーヒードリッパーにおける最大のメリットとして、誰でも安定した味のコーヒーを淹れることができます。淹れ方手順を正確に行うことにより、可能である点といえるでしょう。クレバーコーヒードリッパーへ湯を注いだ際は、しばらく放置した場合においても問題ありません。

その場を離れず湯を注ぐ手間も発生しないため、カップを湯に浸して温める必要がありません。加えて砂糖及びミルクなどの用意も不要であるため、別の作業を行いつつコーヒーを淹れることもできます。

ただこれらの面が逆にクレバーコーヒードリッパーの、デメリットになる場合があるため注意が必要です。コーヒーの量並びに浸け込む時間などが一緒である場合は、誰が淹れてもほぼ同じコーヒーになるという特性上の問題がデメリットになることがあります。

個性をだしたい場合においては、使いにくさを感じるでしょう。なおクレバーコーヒードリッパーはサーバーの上などに置き、弁が開いた状態である場合従来のドリッパー同様に使用することもできます。

クレバーコーヒードリッパーが「クレバー」といわれる訳は、2通りの使用方法が可能であるためです。その日の気分或いは状況に応じて使い分けることが可能です。 クレバーコーヒードリッパーは一定時間漬け込むように淹れることにより、コーヒーの成分が確実に抽出されやすくなりコクのある味わいを生みだします。余計な油分及び微粉などもペーパーフィルターにおける、濾過であるため取り除かれることになりクリアな味わいに仕上がりやすくなります。

コクがありその上飲みやすいバランスが取れた味のコーヒーが、クレバーコーヒードリッパーを使用するのみにおいて実現します。

 

また浸漬法におけるフレンチプレスの場合は、ペーパーと比較して目の粗い金属製のフィルターを通します。コーヒーオイル並びにコーヒー微粉などにおいても、液体側に含まれていることになります。そのためクレバーコーヒードリッパーにおいて、淹れたコーヒーと比較してフレンチプレスを使用した場合濃厚な味わいになります。

そしてクレバーコーヒードリッパーは、メンテナンスが容易であり片付けの手間がかかりません。コーヒーかすを使用後においてペーパーフィルターを、外すことにより残さず捨てることが可能です。中性洗剤などで本体部分を洗うのみにおいて、ペーパーフィルターを捨てた際に普通のドリッパーと同様にメンテナンスができます。

ネルドリップはフィルターの慎重なメンテナンスが必要になり、フレンチプレスはコーヒー粉における処理において手間がかかります。クレバーコーヒードリッパーはこれらの器具と比較した場合、容易なメンテナンスが可能であるため片付け作業が早く済みます。

ただ注意点として弁の役割をするドリッパー下部におけるシリコンラバーと、当該部分を支えているリリースリングなどは定期的な分解清掃が必要になります。さらにシリコンラバーは消耗品であるため継続して使用した場合、劣化によりコーヒーが漏れる事態が発生することがあります。コーヒーの味において漏れた状態で使用した場合は、影響が出てしまうため迷わず新しいものに交換することをおすすめします。

クレバーコーヒードリッパーに挑戦する場合は、適切なサイズのクレバーコーヒードリッパーが必要です。加えて台形のペーパーフィルターと、コーヒーサーバーなどを準備します。

歴史が浅いクレバーコーヒードリッパーを、購入する際においてはどこでも販売されている訳ではありません。最近ではコーヒー専門店の一部において、取り扱いしている店舗もあるため問い合わせてみることをおすすめします。コーヒー専門店が近くにない場合においては、インターネット上の通販サイトを利用しても良いでしょう。

【実際の使い方についてはこちらの記事をご覧下さい】


クレバーコーヒードリッパー
クレバーコーヒードリッパーとは?実際の使い方や特徴をご紹介!!

クレバーコーヒードリッパーのサイズ

クレバーコーヒードリッパーを購入する場合は、適切なサイズを選択する必要があります。サイズにおける選択を間違えた場合、極端に少量もしくは多量などといった状態を発生させてしまうことがあります。コーヒーを無駄にしないために注意する必要があります。

クレバーコーヒードリッパーにおいては、1から2杯用のSサイズ及び1から3杯用のLサイズがあります。そのため自分が通常淹れているコーヒー量を考慮し、それに適したサイズを選択しましょう。クレバーコーヒードリッパーを購入後、ペーパーフィルターも準備します。さらに利便さを求めるために、コーヒーサーバーも用意しておきましょう。メーカーそれぞれにおいて、発売されている台形のペーパーフィルターを用意します。ペーパーフィルターはスーパー或いはコンビニエンスストアなどにおいて、入手が可能でありオンラインストアで販売されている当該フィルターでも問題ありません。

UCCコーヒーフィルターである場合は、Sサイズが2から4人用でLサイズは4から6人用などといった量になります。クレバーコーヒードリッパーの、サイズにおいても考慮し適したタイプを選択しましょう。なおクレバーコーヒードリッパーは、角度が鋭角な台形で形成されたタイプが多くあります。それぞれのメーカーにおいて、適合しないペーパーフィルターもあるでしょう。そのような際においてはクレバーコーヒードリッパーの角度に、適合させるため端を折るなどし若干工夫する必要があります。

ブログのフォローをお願いします!励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。