お勧めのカフェインレスコーヒー

カフェインレスは美味しくない??お勧めのカフェインレスと効果についてご紹介!


おうち時間が増え、ついつい飲んでしまうコーヒー。朝の一杯、在宅勤務の合間に一息の一杯、おやつタイムに甘いお菓と一緒に一杯、夜のリラックスタイムに一杯。美味しいコーヒーですが、『カフェイン』のこと、ちょっと気になりませんか?

とくに妊娠、授乳中の女性は気になる方が多いのではないでしょうか?

カフェインは、アルカロイドという苦味の成分です。カフェインには覚醒作用があるので、勉強や勤務中、運転中に眠気覚ましに飲まれる方が多いでしょう。しかし、カフェインは飲みすぎると危険で、摂取量が決められている国もあります。過剰に摂取してしまうと、中枢神経系の刺激によるめまい、不眠症、吐き気などの健康被害をもたらす場合もあります。

特に注意が必要なのは妊婦の方です。妊婦の方がカフェインをとりすぎると、出生児が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性もあると言われています。その為、妊婦には、1日2杯前後までにコーヒーを控えるよう注意喚起されています。

他にも、カフェインをとると胃液の分泌が促されるので、とりすぎると胃痛を引き起こす場合があります。また、過剰に摂取すると、睡眠の質の低下や自律神経の乱れなど、健康にマイナスのことも起こります。

このようにカフェインはとりすぎると危険なので、カフェインを多く含んでいるコーヒーの飲み方にも注意が必要です。

そこで、妊婦の方や、コーヒーを飲みすぎてはいけないけどコーヒーが好きな方などにおすすめなのが、「カフェインレスコーヒー」です。

みなさんはコーヒーに含まれる成分といえば何を思い浮かべるでしょうか。大半の方がカフェインとお答えになるでしょう。その、カフェインには様々な効能がありますが、今回はそのカフェインが通常の90%以上入っていないカフェインレスコーヒーについてご紹介していきたいと思います。

カフェインについて正しく知って、コーヒーと正しい付き合い方を考えてみみましょう。

カフェインレスコーヒーとは??

カフェインレスの他にもデカフェ、ノンカフェインなど似た様な言葉を目にすることがあるかと思います。その違いはどういったものなのでしょう。

『デカフェ』ですが、これは英語のデカフェネイテッドを略した言葉です。カフェインを含む飲料や食材からカフェインを取り除いたものを指しています。なので、デカフェのコーヒーは、カフェインレスコーヒーとほぼ同じ意味として捉えて間違いないです。ちなみにスタバでは、ディカフェと表記されていますので、知っておいて損はないと思います。

『ノンカフェイン』は、カフェインが全く入っていないものです。それに対して、カフェインレスは、カフェインが含まれている量が少ないということです。具体的には、カフェインの含有率が0.1%以下のものです。その為、カフェインレスも全くカフェインが入っていないということではありません。

カフェインレスやデカフェがカフェインが少ないという意味で使われています。

それに対して、ノンカフェインはまったくカフェインが含まれていないものを指しています。

この知識をもとに、コーヒーを買いに行ったりすると、今までより考え方や見方に変化が起こるかもしれません。妊婦さんやカフェインを控えている方は、様々な表示がありますので注意が必要ですね。

 

カフェインレスで得られる効果

それでは、ここからはカフェインレスコーヒーに変えることで得られる効果について書いていきます。

まずは、カフェインレスでも高血圧や低血圧に効果があるということです。

最近でも研究が進んでおりますが、コーヒーの香りや苦みの物質などに自律神経活動を高める効果があるのではという研究結果が得られています。これは、カフェイン以外の成分で得られる効果だとされていますので、カフェインレスでも高血圧や低血圧への効果は得られると考えられます。

次に、脂肪の代謝を高めることも研究結果から認められたようです。これは、クロロゲン酸の効果が引き継がれているとされています。このことから、カフェインの効果の一つでもある、脂肪燃焼作用もカフェインレスコーヒーからでも得られるということでダイエットにも効果的だと考えられます。

このクロロゲン酸は熱に弱いため、焙煎を進めることで減少してしまうことから、カフェインレスコーヒーを飲む際には、浅煎りで飲むと効果が得られやすいですね。

その他にも、クロロゲン酸から得られる効果があります。

老化の原因となる活性酸素を体内から取り除く働きがあると言われています。また抗酸化作用は肌の酸化を防ぐ役割があるので、ニキビやシミの予防にも効果があります。また、カフェインレスコーヒーは、覚醒効果がないため、就寝前に飲んでも、きちんと眠りにつけるので、時間を気にせずコーヒーを楽しむことができます。

さらに、食後に飲むコーヒーには消化液の分泌を助ける作用もあるため、消化を促進してくれます。そして、血糖値の上昇を抑える効果もあるので、体内に余った糖が脂肪に変わるのを抑えてくれる作用もあります。

カフェインを摂ることで得られる思っていた効果は、カフェインレスコーヒーからでも得られることができるということになります。様々なデメリットが取り除かれたと考えれば、夜の好きな時間に飲んでもぐっすり眠ることができるということや、シミを増やさず美容効果もあり、さらにはダイエット効果まである等これまで気にしていたデメリットを気にせずに飲むことができますよね。ただ、カフェインがゼロではないので、飲み過ぎには注意です。

香りや味に関して評判の良くない時期もありましたが、今ではその概念もなくなりつつあるのも事実です。

不眠に悩んだりイライラすること、だるさや頭痛がまさかカフェインの影響だとは思っていなかったと思いますが、もしかするとカフェインレスコーヒーに変えることで、この悩みが改善される可能性があることを覚えておいてください。

睡眠とカフェインの関係についてはこちらの記事をご覧ください

美味しいコーヒー
コーヒーと睡眠の関係をご紹介!!質の良い睡眠をとるには。

 

コーヒー豆をカフェインレスにする方法

デカフェは前述の通り、カフェインを取り除くことや、カフェインを取り除いたものを指すので、コーヒーに限ったものではありません。本来カフェインが含まれているものからカフェインを取り除いたり、カフェインを添加するものにカフェインを加えない事もデカフェに当てはまります。

コーヒーをデカフェする場合、焙煎されたコーヒー豆や抽出されたコーヒーからカフェインを取り除くのではなく、収穫した後のコーヒー豆、つまりコーヒー生豆の状態でデカフェを行います。デカフェの方法は3種類あり、

①有機溶媒を使用する方法、②有機溶媒と水を使用する方法、③超臨界二酸化炭素を使用する方法があります。

 

『有機溶媒抽出法』

初めに開発されたカフェイン除去方法で、文字通り有機溶媒(常温常圧で液体の有機化合物の総称)を使用してコーヒー生豆からカフェインを取り除きます。

有機溶媒抽出法では、蒸気によって膨潤させたコーヒー生豆に有機溶媒を通してカフェインのみを抽出します。

有機溶媒抽出法は安価にカフェインを除去できる方法であるものの、有機溶媒がコーヒー生豆に触れるため安全面において不安が残ることや、カフェイン以外の成分の損失があるなど、短所も多いデカフェ方法です。日本にいる限りは有機溶媒抽出法によってカフェインが除去されたコーヒーに出会うことは無いようですが、このデカフェ方法によってカフェインが除去されたコーヒーかどうかが分かるのであれば、そのコーヒーを飲むことは控えてください。

 

『水抽出法』

水と有機溶媒を使用してコーヒー生豆からカフェインを取り除く方法を水抽出法と呼びます。

水抽出法では、コーヒー生豆を水に浸すことでカフェインを含む水溶性の成分を水分中に抽出し、その水溶性の成分が溶けだした水から有機溶媒を使用してカフェインのみを抽出します。

水からカフェインを取り除いたら、カフェインの抽出に使用した有機溶媒を取り除きます。有機溶媒を取り除いた水に再びコーヒー生豆を浸すことで、カフェインを除いた水溶性の成分がコーヒー生豆に戻り、結果的にカフェインのみがコーヒー生豆から取り除かれる、という仕組みです。

水抽出法では、有機溶媒がコーヒー生豆直接触れることは無いため、有機溶媒抽出法よりも安全性が高く、カフェイン以外の成分の欠落が少ないというメリットがあります。大抵のカフェインレスコーヒーの場合、この水抽出法によってデカフェが行われているようです。

 

『超臨界二酸化炭素抽出法』

超臨界二酸化炭素抽出法は、超臨界流体状態にした二酸化炭素を用いてカフェインを除去する方法です。

超臨界流体にした二酸化炭素は、コーヒー生豆の内部に浸透し易く、かつ効率的にカフェインを抽出することが出来ます。

カフェインの抽出後、圧力を戻すことによって超臨界流体の二酸化炭素は気化するため、コーヒー生豆からの除去が容易で、かつ残留したとしても二酸化炭素であるため危険性がありません。カフェインの除去率は99%とほとんど全てのカフェインを取り除くことが可能で、薬品を使用することもないため、現時点では最も優れたデカフェの方法とされています。

欠点があるとすれば、超臨界流体の二酸化炭素を作るための設備が必要であるため、設備投資費用が高いという点です。そのため、優れたカフェイン除去方法ですが、この方法でデカフェされたコーヒー生豆は比較的少なく、まだ主流とは言えません。

 

一つ注意しておきたいのが、どのデカフェ方法でも、100%カフェインは除去出来ないという点です。

9割以上のカフェインを取り除けるので、ほぼ全て取り除けると言っても過言ではありませんが、完全に取り除けているわけでは無いので、ほんの少しでもカフェインを取ってはいけない、と言う人はカフェインレスコーヒーであっても注意して摂取する必要があります。

 

お勧めのカフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒーは、カフェインを取り除いていない同じコーヒーと比較すると飲み口が軽く、スイスイと飲みやすくなります。一口に言うのであれば”軽くなっている”のがカフェインレスコーヒーの特徴ですが、一番の特徴は苦味が少なくなるという点です。

デカフェされたコーヒー豆は通販などで購入することが可能で、インスタントコーヒーやドリップパックなど既成品も充実しています。コーヒーショップに行かなくても、自宅でカフェインレスコーヒーを楽しむことができますので以下におすすめを何種類かご紹介します。

 

シュバイツァー『デカフェオーガニックインスタントコーヒー』

シュバイツアー オーガニック インスタントコーヒー カフェビオ デカフェ(100g)【エディフィック】

価格:1,372円
(2021/6/18 14:23時点)
感想(0件)

上記でもお伝えしたカフェインレスの製法の中で一番お勧めな超臨界二酸化炭素抽出法を使用されており、オーガニックインスタントコーヒーのなかでもお勧めです。口当たりも良く、コクもある美味しいカフェインレスコーヒーです。

カフェイン残量率0.3%未満なので妊婦の方にも安心して飲めるコーヒーなのではないでしょうか。

ただ、美味しいということもあり値段は少し他のカフェインレスより高めではあります。

 

UCC『おいしいカフェインレスコーヒー』

UCC おいしいカフェインレスコーヒー 瓶(45g)

価格:478円
(2021/6/17 11:58時点)
感想(65件)

有名なコーヒーブランドUCCが製法にこだわって作ったカフェインレスコーヒーです。従来の方法ではカフェインと一緒に香りや味の成分も減ってしまっていましたが、二酸化炭素による除去法を取り入れたことで、香りや味の成分はそのまま、カフェインを取り除くことができるようになりました。だから、カフェインレスコーヒーだけれど、香りや味のコクはそのままのおいしいコーヒーになりました。

赤ちゃん雑誌で有名なたまひよの赤ちゃんグッズ大賞2021のカフェインレスコーヒー部門で1位もとったほど、多くの方に認められています。

粉タイプのレギュラーコーヒーの他にも水出しタイプやドリップ、インスタント、ドリンクボトルなどラインナップが豊富なので、生活スタイルや用途に合わせて選べます。

 

小川珈琲の『カフェインレスブレンド』

小川珈琲店 カフェインレスブレンド(粉)(180g)【小川珈琲店】[コーヒー]

価格:683円
(2021/6/17 12:00時点)
感想(34件)

水抽出方法によりカフェインを97%除去しており、妊婦さんでも安心して飲んでいただけます。コロンビアのコクとグアテマラの酸味が癖になる本格的なブランドコーヒーをカフェインレスで楽しむことができます。

 

ブルーボトルコーヒー『ナイトライトデカフェ』

ブルーボトルコーヒーからはナイトライトデカフェが販売されています。こちらはスイス式の水抽出法を取っており、味は普通のコーヒーとほとんど変わりません。豆で買うことができ、コクと甘みがそのままのクリーミーな味わいを楽しむことができます。カフェインレスコーヒーあることを忘れることができるおすすめのコーヒーです。

 

コンビニなどで手軽に買えるマウントレーニアからもカフェラッテ デカフェが発売されています。97%のカフェインをカットしており、甘くておいしいカフェラテがいただけます。

カフェインレスコーヒーでも豆、ドリップ、インスタントから選ぶことができます。またボトルタイプでも購入することができます。

カフェインを気にせずに飲めるカフェインレスコーヒー。最近では技術も進歩し、味も普通のコーヒーと変わらないほどになってきています。メリットも多く魅力的ですよね。気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です