コーヒープロジェクト

美味しいコーヒーと備前焼 『宝山窯』


一昔前は知り合いの方が来た際お茶を出すことが多かったと思いますが、最近ではコーヒーを出されている方も多くなったのではないでしょうか??

どうせ出すなら『美味しいコーヒー』をと思われる方も多いと思います。

今回ご紹介するのは日本の伝統工芸品の一つである備前焼です。見た目や雰囲気も味わえ、愛用される方も増え、誰もが1度は見たことや手に取ったことがあるのではないでしょうか。

その昔朝鮮から渡ってきたとされ、日本で変化を続けながらも当初から丈夫で割れにくかったこともあり、平安時代は日用品として広く使われていたと言われています。

備前焼のイメージといえばまずは茶褐色の渋い色合い。焼きの具合によって生まれたこのえもいわれぬグラデーションに魅了されている方は少なくないでしょう。そしてざらざらとした触感。この素材の土の感触は、器を持つ手に温もりを感じさせてくれます。またテーブルにコトリと置く際のマットな響きも、こういった焼き物の味が感じられます。

高温で何日にも渡って焼かれる備前焼は土の素材や焼き具合に違いが出てくる為、1つ1つがこの世で唯一無二のものに出来上がります。そんな備前焼はマイカップとして選ぶにうってつけでしょう。

備前焼 窯元六姓の一つ『宝山窯』

備前焼

今回も貴重な体験が出来る、備前焼の窯焚き体験をするため『宝山窯』さんのところへお邪魔しました。
こちらは安土・桃山時代から続く窯元六姓の一つであり、由緒ある窯元です。

そんな由緒ある窯元ですが、以前コーヒーの豆カスからコーヒーカップを作成するという無謀な挑戦にお付き合い頂き窯に一緒に入れて焼いて下さいました。

ところで備前焼のビールマグを見たことがあるかたはいらっしゃるかもしれませんが、実はコーヒーとの相性も良いのです。等に苦みの強いコーヒーを、他のカップと飲み比べをしてみると違いが分かります。味をまろやかにするその秘密はどうやら備前焼の表面に見られる気泡のような無数の穴にあるようです。味をまろやかにするという作用はビールやコーヒー以外でも、お茶や水でも味比べをしてみると面白いですね。

備前焼とビールというのは有名な話ですが、ビールだけではなくコーヒーとも相性が抜群なのです。

コーヒーカップ作成の奮闘記にご興味あればご覧ください。

備前焼コーヒーカップ
コーヒーの豆カスからコーヒーカップを作成!?奮闘記!

今回の窯焚きでは約2500点の作品が入っているそうです。

備前焼

備前焼

こちらの写真は前回こさせて頂いた時の窯焚き前の中の様子です!!

美味しいコーヒー

こちらがコーヒー粘土で作成したものです。上の写真正面5段目のど真ん中に置いてくださっていますwww

2500点というのは途方もない数ですが、一番手前の室には1000点入っており圧巻です!大窯で焚くのは年に2回ほどで実際に窯焚きの様子というのは公開されているところは少なく、こうして見学できるというのはとても貴重です。

毎年ゴールデンウィークに公開されていて3~5日が見どころで貴重な体験が出来ます。去年は開催されませんでしたが、今年はしてくださりとても楽しかったです。

備前焼

美味しいコーヒー

中は最高温度1200℃前後まであがるそうです。

薪の入れ方や本数も計算されながら入れられていました。燃料が少ないと温度が上がらず、多すぎても温度が上がらないということです。蓋を開けたときにくる熱気は凄まじく、目の前で薪を入れる作業すると本当に熱すぎて、ちゃんと防具を着けないと素人では逃げたくなりますwww

そんな中職人の森さんは軍手で入れてましたwww

途中長いスコップのようなものを中に入れてサクサクして何かを確かめてらっしゃいましたが、スコップの先端が真っ赤な状態で出てきて、中の熱さを物語っていました。

これを三交代で火を絶やさず10日間ほど番をするというのはかなりきつい作業だと感じます。これだけの苦労のある焼き物だからこそ『備前焼』というのは味わいのある素晴らしい物が出来上がるのだと思います。

以前こちらでお気に入りのコーヒーカップを買って帰っていたのですが、子供が割ってしまったため新しく買いなおしました。

深い色味の備前焼も趣がありますが、皆さんに親しみやすいのは緋襷(ひだすき)ではないでしょうか。

美味しいコーヒー

今回こちらの商品を購入させて頂きました。

色合いが優しく趣もあり、女性が好きそうな色合いをしています。前回購入させて頂いたのも緋襷で、コーヒーを入れて飲むとすごく良いです。

【備前焼/和食器/窯元/食器】 小西陶古 | カップ&ソーサー【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

価格:5,500円
(2021/5/6 13:37時点)
感想(5件)

もう一つ購入させて頂いたのが、桟切(サンギリ)です。こちらは敬遠される方も多いかもしれませんが、今回購入させて頂いたものはかっこよくお洒落な色合いになっていました。

美味しいコーヒー

シルバーがかった色合いも含まれており一目ぼれでした、一緒に見学に行った人は桟切(さんぎり)のフラワーポットを購入していました。

男性の方にはこちらがお勧めですので備前焼のコーヒーカップにご興味あれば緋襷だけではなく桟切も検討してみてはいかがでしょうか??

岡山のカフェでは備前焼のコーヒーカップやお皿を使用しているところもあり、とてもお洒落です。知れば知るほど備前焼の魅力というものにはまっていきます。備前焼は釉薬を使用しないということもあり色合いで敬遠されるかたも多いかもしれませんが、そんな方は緋襷(ひだすき)から試されてはいかがでしょうか?

岡山だけでなく、もっと全国に備前焼の素晴らしさが届けばと思います。

もしご興味があればこちらは今回お世話になった窯元『宝山窯』さんのHPです!ぜひご覧ください!

窯元六姓の一つ『宝山窯』

後日陶芸体験のためまたお邪魔しました!!

ろくろでの体験をさせて頂き約2時間かけておしゃべりしながら、教わりながら3点ほど作成しました。

ろくろ成形では一番最初の中心をとる作業が一番大事だそうで、そこがブレていると成形が難しくなり、すぐにぐにゃぐにゃになってしまうのでしっかりと中心をとっていきました。

こつをつかむまで少し時間がかかりましたが、しっかり右手で抑えることをするとすぐに中心が取れるようになりブレが無くなりました。

今回はこちらの3点、ここからは取っ手を付けて削りをして窯に入れていきます。

3点とも緋襷でお願いをしたので焼き上がりが楽しみです!!

完成したらまたアップしていきます!

備前焼で作られた『備前珈琲玉』

 

「備前焼で飲んでみたら美味しいかもしれないけれども、気軽に選べるものでもなさそうだし、まずは備前焼と親しんでみたい」という場合、実は「備前珈琲玉」なるものを手に入れてみるという方法があります。これは約5センチ程のジャンボコーヒー豆といった体の、かわいらしくも見えるオブジェで、伝統的な備前焼の工法で作られています。

使い方は簡単で、このオブジェをお使いのカップに入れて、コーヒーを注ぐだけです。オブジェを入れたままコーヒーをいただくと、まろやかな味わいになるという見た目にも楽しく新しい備前焼なのです。長い歴史を持つ伝統工芸品も、その手法を守り引き継ぎながらも新しい風が入っているのですね。確かにコーヒーは南米などの遠い国と日本の伝統が出会う素敵な飲み物と言えるでしょう。

備前珈琲玉で備前焼に親しんでみたし、いよいよマイカップに1つ備前焼を購入してみようかと決めたら今度はどんなカップにしようかと考えをまとめてみる段階です。

まずは形と大きさ。飲む量によってマグカップサイズにするか、小ぶりのものにするか、ゴブレットのように逆円錐形や円柱形か、丸みを帯びたシルエットが好きか。コーヒーの香りをできるだけじっくりとかいでいたいのであれば、口の方がすぼまっているものや、丸みを帯びたものが良いでしょう。ソーサー付きか、カップのみかといった選択もありますね。
また、備前焼というと確かに茶褐色の渋い色合いのイメージが強いですが、実は黄金色~橙色のグラデーションのものもあります。備前の土と顔料を合わせて出した色合いに、藁が窯の中で燃えることによってできる模様でこういった一味違う備前焼が出来上がります。

コーヒーを楽しむ時間帯やその日の気分によって、又は来客を招いて語らいながら一緒にコーヒーと備前焼きを楽しみたいなどを考えると、備前焼のマイカップ、いろいろな種類を何客かずつ欲しくなってきそうです。

既に備前焼の魅力にはまったのであれば、コーヒーカップとドリップがセットになった備前焼は、また一段と雰囲気が出る作品です。まるでインテリアの為に作られたのかと思うほど味があるので、コーヒー愛好家の仲間への贈り物としても喜ばれそうですね。これからも飲み物をおいしくしながら進化していく備前焼を、手元で実感しながら楽しみたいものです。

 

 

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です