私のこだわりの淹れ方

水出しコーヒーの作り方と『クロロゲン酸』の関係をご紹介!


美味しい水出しコーヒーを飲みたい!という方も沢山いらっしゃいます。ハリオ水出しコーヒーは、手軽に利用することができ、ボトルも素敵なデザインで人気があります。ちょっと一工夫することで、美味しいハリオ水出しコーヒーを作ることができるので、ご自宅での楽しみ方など、いくつかご紹介するので参考にしてください。

 

水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いは?

コールドブリューコーヒーというのを最近よく耳にしませんか?このコールドブリューコーヒーとは、水でじっくり時間をかけて抽出したコーヒーのことを言います。

最近よく耳にするようになった水出しコーヒーは、アイスコーヒーと何が違うの?と気になる方もいらっしゃいます。

まず、アイスコーヒーは、熱湯で抽出したコーヒーを氷で一気に冷やしたものです。

水出しコーヒーは、ゆっくり時間をかけ、低温でコーヒーを抽出する方法になります。

同じ豆を使ったとしても、このようにアイスコーヒーと水出しコーヒーの抽出方法によって、味わいが違う感覚になるので、各々楽しんでみることことができます。

また、水出しコーヒーの場合は、低温の水で8時間~14時間ほどかけて抽出するため、冷蔵庫で冷やしながらじっくり時間をかけて抽出します。まろやかな味わいになり、さっぱりとしたコーヒーを楽しむことができます。

アイスコーヒーは、高温のお湯で抽出し、氷で急速に冷やすので、コーヒーの濃くやしっかりとした味わいを楽しむことができるので、ミルクとの相性も良いです。

水出しコーヒーとアイスコーヒーは、飲んだ瞬間、味が各々違うのを実感することができます。

 

水出しアイスコーヒーの特徴

水出しアイスコーヒーの特徴を理解しておくことで、楽しみ方の幅が広がります。

水出しコーヒーは、水にコーヒーを浸して抽出する方法なので、コーヒー特有の苦味や濃くなど抽出されにくいため、カフェイン・タンニンなどのコーヒー独自の成分は減り、さっぱりとした飲みやすさになります。水に溶けにくいカフェインは、水出しコーヒーを作ると、普段飲んでいるコーヒーよりカフェインの含有量がかなり減るので、カフェイン摂取を控えている方には、水出しコーヒーはオススメです。

また、コーヒー豆が酸化しにくいので、水出しコーヒーは苦味が少なく、飲みやすいため、時間が経ってもコーヒーの酸化が進むことはなく、美味しく飲めます。

ちなみに、このコールドブリューコーヒーの抽出を考案したのが日本人という噂があります。

元々、クセの強いコーヒー豆(ロブスタ種)を扱う時に、低温抽出で抽出したコーヒーをさらに改良を加えたのが、コールドブリューコーヒーとも言われており、別名「ダッチコーヒー」や「キョートコーヒー」とも呼ばれています。

なんだか、日本が関係していると、一気に距離が縮まりませんか?

 

水出しコーヒーとポリフェノールの関係

 

ポリフェノールと聞くと赤ワインを想像される方が多いと思いますが、実はコーヒーにも含まれており含有率は赤ワインに匹敵すると言われています。

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種として『クロロゲン酸』があげられます。

このクロロゲン酸の働きは健康維持にかかせないとされており、その効果の中に抗酸化作用があり、活性酸素による酸化を防いでくれます。

これにより、ガンや糖尿病、動脈硬化に対する予防の働きがあります。

ポリフェノール『クロロゲン酸』について知りたい方はこちらをご覧ください

コーヒーダイエットは簡単に痩せる!?正しいやり方とタイミングをご紹介!

そんな効果のあるクロロゲン酸を上手く取り入れるために、水出しコーヒーは良い方法です。一般的なポリフェノールとは熱に強く、熱を加えても失われることはあまりありません。しかし、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種クロロゲン酸はそうではありません。熱に弱く失われていきます。ちなみに、カフェインも健康にとって多くの作用をもたらしてくれますが、こちらも熱に弱く失われていきます。

水出しコーヒーで一般的に使われるコーヒー豆はアイスコーヒー用に焙煎を深くしているものが多いですが、深煎りのコーヒー(フレンチ、イタリアン)はクロロゲン酸もカフェインも少ないコーヒーとなってしまいます。

ですので上手く取り入れたい方は、浅煎りの焙煎豆を使用することをおすすめします。ただ、注意点もあるので下記の抽出方法でご紹介します。

 

コールドブリュー(水出しコーヒー)の作り方

コールドブリューコーヒーが自宅で、簡単にできるのをご存知ですか?最近では、色々な抽出器具が手軽に購入できて、敷居がかなり低くなっているので、みたことがある方もおられるのではないでしょうか?

コールドブリューコーヒーと作るのに使う器具は大きく分けて、2つあります。

 

『ウォータードリップタイプ(滴下タイプ)』

『浸透タイプ』

 

・ウォータータイプドリップタイプの器具

ウォータータイプドリップタイプの器具は、水を一滴一滴ゆっくり落として、コーヒーを抽出するタイプで、器具の形がからくり時計みたいに、見た目でもすごい器具が多くあります。

 

・浸透タイプの器具

浸透タイプの器具は、家庭で簡単に使いやすいタイプで、ポット型タイプで、作ったものをそのまま冷蔵庫にしまったりできるものもあります。

お手入れのことを考えると、お手軽に始められる浸透タイプのポット型がオススメ!

私がオススメする浸透タイプの器具は、

「HARIO(ハリオ) フィルターインコーヒーボトル」です。

使い方も簡単なのと、お手入れもしやすいタイプが多く、このハリオフィルターイン コーヒーボトルのシリーズは色々あるのですが、その中でもオススメが、HARIO(ハリオ) フィルターインコーヒーボトル 650ml ブラック 日本製 FIC-70-Bの、ゴム栓がついているタイプです。

このゴム栓があることで、冷蔵庫でしまっている時に、他の食べ物に匂いがうつる心配がなくなるので安心です。

作る工程4段階・コーヒーをフィルターに入れる

・水をボトルに注ぐ

・ゆっくり左右に振って、コーヒーと水を馴染ませる

・常温(20℃前後)にて8時間~14時間待つ

「コーヒーをフィルターに入れる」

入れるコーヒーはインスタントコーヒーではなくて、コーヒー豆を挽いた粉のもので、味の好みもありますが、挽き目は

『深煎り豆』浸漬時間が短い場合は、中挽き〜中細挽き(一般的)

『浅煎り豆』浸透時間が長い場合は、中挽き〜中粗挽きがオススメです。(クロロゲン酸を取り入れたい方)

 

「水(軟水)をボトルに注ぐ」

コーヒーはそのほとんどが水でできています。

従って自分が好きなタイプの水があるのであればそれを使うのも良いでしょう。

どんな水を使えば良いか迷っているなら、「軟水」を選ぶのが無難です。

ではどれが軟水なのでしょうか?

実は日本の水は殆ど軟水です。日本は山がちな地形なので、水が地下を通る期間が

短く、ミネラル分をそれほど含まないからです。

水道水か、もしもカルキや塩素が気になるなら、日本産の水を選んで買うと良いでしょう。

また、カフェイン量を減らしたい場合は硬水を使うことで減らすことが出来ます。その場合は中硬水をご使用ください。硬水だと舌触りが悪くなります。硬水中のマグネシウムなどのミネラル分がカフェインの抽出を抑えてくれます。

 

「ゆっくり左右に振って、コーヒーと水を馴染ませる」

コーヒーと水をなじませるだけなので、大きく降らなくて良いです。

軽く回しながら、左右に優しく振ってあげるだけで、コーヒーが滲み出てくるのがわかるので、それだけで大丈夫です。

 

「常温水(20℃前後)8時間~14時間待つ」

冷蔵庫などで冷やしたキンキンの水を使用するのではなく、常温水(20℃前後)の水を使用するようにしてください。コーヒーとは温度によって味の成分が違ってきますが、冷たすぎる水で抽出した場合しっかりとした味の抽出が出来ません。

先ほどクロロゲン酸のところでお伝えした注意点とは、抽出時間の事です。上記に記載した通り、浅煎りのコーヒー豆を使用する場合は、中挽き〜中粗挽きにし、抽出時間を14時間と伸ばすようにして下さい。そうすることで味もしっかりとし、クロロゲン酸も取り入れることができます。

出来上がった時に、フィルターをボトルから取り外し、抽出完了です。

たったコレだけで、おいしいコーヒーが出来上がります。

ぜひお試し下さい!

スポンサーリンク

3点購入でP10倍 HARIO ハリオ フィルターインコーヒーボトル ショコラブラウン FIC-70-CBR ポット 水出し茶 冷茶 水出し茶ポット フィルターインボトル 冷茶ポット ギフト アイス ボトル 内祝い お土産 珈琲 水だし 結婚祝い 誕生日 茶匠庵) ポイント消化

価格:1,980円
(2021/4/15 13:50時点)
感想(124件)

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です