美味しいコーヒー
コーヒーで質の高い睡眠を!!

コーヒーと睡眠の関係をご紹介!!質の良い睡眠をとるには。


コーヒーを飲んだら眠れなくなると聞いたことはありませんか?また、徹夜をするときにはコーヒーが眠気覚ましになるからと、受験生が愛飲していますよね。でも、それって本当なのでしょうか。逆に、コーヒーを飲んだ方が安眠できるなんてことも言いますよね。

ここでは、コーヒーと睡眠の関係について詳しく解説します。

そこには、メリットやデメリット、注意点などもあります。

 

早速見ていきましょう!!

 

コーヒーを飲んで眠れなくなる理由

 

そもそも、なぜコーヒーを飲んだら眠れないなんてことを言われるのでしょうか。それは、コーヒーにはカフェインが含まれるからです。

人の大脳は疲れてくると、アデノシンという物質が出す信号によって覚醒する中枢を抑え、眠気を感じるようになっています。

ところがコーヒーの中のカフェインはこのアデノシンの出すサインを抑えてしまい、脳を休めさせないようにしてしまいます。

 

また、カフェインには覚醒作用があるため、夜寝る前にコーヒーを飲んでしまうと、なかなか眠ることができなくなってしまいます。カフェインには、利尿作用もあり、寝ている間に何度もトイレに起きてしまうため、熟睡ができないということもあります。

こうした理由から、寝る前にコーヒー飲むと、眠れなくなると言われているのです。

能が休まらない状態が続くと結局眠りが浅くなり、睡眠障害を起こしてしまう事につながります。

 

睡眠障害を防ぐためにも深い眠りが人の脳には必要です。

カフェインの効果が何時間続くのかを逆算したうえで、上手にコーヒーを摂取したいものです。

 

コーヒーを飲んだのに眠くなる

 

そんな眠気を覚ますときに愛飲されるコーヒーですが、飲み方を間違えると逆に眠気を誘ってしまうかもしれません。

たまに、コーヒーを飲んでるのに眠気が全然収まらない事ってありませんか?単純に睡眠不足でカフェインでは手に負えない状態は別として、コーヒーを飲んだのにむしろ寝むくなる経験をお持ちの方は、コーヒーに砂糖を多く入れてる方や、砂糖入りのコーヒーを短時間で飲んでいる事が原因かもしれません。

この砂糖。人は糖分を摂取すると血糖値が上がります、すると体内ではインスリンが分泌され血糖値を下げようとします。この血糖値の急上昇、急降下が眠くなる原因になってしまうのです。

なので眠気覚ましにコーヒーを飲むときには、砂糖はなるべく控えて、ゆっくりと飲むようにしましょう。

意外と缶コーヒーやジュースにはびっくりする量の砂糖が入っていたりします。

眠気覚ましのコーヒーならブラックか、微糖のコーヒーをゆっくり飲むようしてみてください。

 

コーヒーが睡眠に影響するメリット・デメリット

『デメリット』

先ほどご紹介した通りコーヒーの飲むタイミングや量によって睡眠障害を起こし人体に重大な影響を起こしてしまう危険性があります。

 

またコーヒーには、クロロゲン酸が含まれていて、胃酸が大量に分泌されてしまいます。そのため、胃酸が粘膜を刺激して、胃が荒れてしまいます。

就寝前にコーヒーを大量に飲んでしまうと、朝起きたときに胃もたれになっていたり、食欲不振を招くことになります。

就寝前には、空腹の状態でコーヒーを飲まないようにしましょう。

 

『メリット』

1.疲労回復

新陳代謝が上がることによって、疲労回復を早めることも可能です。筋肉というのは、寝ている間に疲労を回復させます。新陳代謝を上げて、ぐっすりと睡眠もとれるため、昼間に傷ついた筋肉は修復されるのです。

スポーツや労働で疲れたというときには、寝る前にコーヒーを飲んでぐっすり眠ることがおすすめです。

 

2.覚醒効果 目覚ましに最適

皆さんはコーヒーはお好きでしょうか?私はコーヒーが好きで1日に3杯ほど飲みますが、サラリーマンの方は好きで飲んでいる方とは違い、眠気覚ましの為に飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

仕事中、又は運転中など眠くなってきたら目覚まし代わりに飲む。

何故人は、眠気を飛ばすためにコーヒーを飲むのでしょうか?

それは、コーヒの中に含まれるカフェインです。

コーヒーと睡眠にはこのカフェインが大きく関係しています。

コーヒーに含まれるカフェインは、脳に興奮や覚醒させる物質の分泌を促す作用があります。

その物質とはアドレナリンやドーパミンです。

ドーパミンが増えると得られることは多幸感、集中力向上などがあげられます。またドーパミンが分泌されることでノルアドレナリンが生成され、そのノルアドレナリンからアドレナリンが生成されるのですが、このアドレナリンには興奮作用があるため、勉強や仕事の際、脳を覚醒させる事ができるのです。

ちなみにアドレナリンは、スポーツ選手の試合中や、ケンカで興奮している人に多く出ていることでも有名です。

アドレナリンで興奮作用がでた結果、眠気がなくなり目が覚める事に繫がるというわけです。

コーヒーがもたらすダイエット方法についてはこちらをご覧ください。

コーヒーダイエットは痩せる?!!正しい方法をご紹介!

コーヒーを飲むときの注意点

1.カフェイン量

コーヒーを飲んで、快適な睡眠生活を送るためには、注意することもあります。まずは、カフェインの量です。

カフェインは、最大摂取の目安は、1日のうちに約300~400mgです。

平均的なカップでコーヒーを飲んだ場合、そのカフェインの量は100~120mgです。

つまり、コーヒーを1日に飲めるのは、カップで2~3杯なのです。就寝前には、この量を守るようにしましょう。

 

2.飲むタイミング

コーヒーは、飲むタイミングによっても違いがあります。カフェインは、摂取してから約30分後に効果を発揮します。カフェインを含むコーヒーを摂取した後に睡眠をとると、スッキリと目覚められます。

カフェインの半減期は、約5時間~8時間とされています。勿論個人によって差がでてきますが就寝の8時間前には、コーヒーを摂取しないことが睡眠の質を上げるためには重要です。

実際に海外での実験で、寝る直前にコーヒーを飲んだ被験者は勿論、6時間前に飲んだ被験者も睡眠が大きく阻害されたことがわかっています。

睡眠時間というのは、人それぞれです。ですが、このタイミングによってスッキリ目覚められるのか、それとも眠気がとれないのかは、適切なタイミングが重要になってきます。就寝の約8時間前には、コーヒーは飲まないようにしましょう。

コーヒーは、眠気を防ぐ効果もあれば、『睡眠の質を高める』効果もあります。飲むときには、量とタイミングに気を付けてください。

 

コーヒーを上手く取り入れることで睡眠の質が上がる

 

コーヒーは飲み過ぎてしまうと睡眠の質を下げてしまうことをご紹介しましたが、上手くコーヒーを上手く取り入れることで睡眠の質は上がります。

コーヒーはカフェインが含まれているのは、多くの人が知っていますがコーヒーには赤ワイン1杯分のポリフェノールも含まれており健康にも効果がありますしリラックス効果もあります。

このコーヒーですが、最近ではカフェインレスのコーヒーも多く登場しています。

寝る前のコーヒーはカフェインレスのコーヒーにすることで睡眠を上質のものしてくれます。

カフェインが入っているコーヒーは、朝の目覚めの時に飲んで夜はカフェインレスのコーヒーにするということで睡眠の質は上がって行きます。

カフェインレスのコーヒーであっても含まれているポリフェノールは同じですから身体がリラックスした状態で眠りにつくことが出来ますし夜中に起きてしまうこともなく睡眠の質を向上させてくれます。

同じコーヒーでもカフェインレスのコーヒーならコーヒーのメリットであるポリフェノールの効果で身体をリラックスさせて快適な睡眠に導いて来ます。コーヒーに含まれるカフェインは寝る前に飲めばデメリットになってしまいますが、目覚めに飲めば快適な目覚めになりその日のパフォーマンスをあげてくれる効果があります。

このようにコーヒーの持つメリットとデメリットを理解したうえで、コーヒーの飲む量は適度にして朝はカフェインの含まれたコーヒーで夜はカフェインレスのコーヒーを飲むと言う風に上手く取り入れていく事で睡眠を上質のものにしてくれます。

睡眠が上質になると、作業のパフォーマンスも上がって行き仕事などもはかどるようになって行きます。

日中のリズムを正しくコーヒーを取り入れることで快適なものに変わって行きます。コーヒーにカフェインの入ったものとカフェインレスがあるのは知らない人は、夜コーヒーを飲んでしまうと眠ることが出来ないと思い込んでいます。

しかし、それはカフェインの入ったコーヒーの場合でカフェインレスのコーヒーなら寝つきが良くなる効果もあり逆に寝る前に飲むことで睡眠の質が上がって行きます。コーヒーはさきほどから紹介しているようにポリフェノールが多く含まれているので睡眠以外にも美容効果や血糖値を下げる効果など多くの効果を期待することが出来ます。

コーヒーは健康的な飲み物であることが最近分かって来ましたが、健康になれると過剰に摂取してしむとカフェインの撮り過ぎになってしまい睡眠の邪魔になってしまうので過剰いな摂取には気を付ける必要があります。

理想はコーヒーは1日に3杯といわれており朝起きてカフェインの入ったコーヒーを飲み昼にもう1杯コーヒーを飲み夜寝る前にカフェインレスのコーヒーを飲むのが理想の飲み方です。

コーヒーが好きな人はつい多く飲んでしまうこともありますが、飲み過ぎてしまうと逆に睡眠の質を下げてしまい体がだるくなってしまいまたコーヒーを飲んでしまうという悪循環を起こしてしまいます。

そんなことにならないために、1日3杯のコーヒーがベストで飲み過ぎてしまうと逆効果になってしまうので注意が必要になります。

もしコーヒーを飲んでも身体がだるいと感じる人がいるならそれは、コーヒーの飲み過ぎの場合もありますからコーヒーの量を少し減らしてみると身体が楽になるということもあります。

このように睡眠とコーヒーは大きな関係がありきちんとしたコーヒーの飲み方をすれば、目覚めの良い毎日を送ることが出来るようになって行きます。

質の高い睡眠がとれるようになることで目覚めの良い朝を迎えることが出来ます。

コーヒーの飲み方を間違っている人は、正しい飲み方で快適な睡眠がとれるようにしてください。

少し飲み方に気を使うだけで質の高い睡眠をとることが出来るようになってくはずです。

スポンサーリンク

まとめ

ポイント■眠気を取りたい方はブラックで!

 

■一日の杯数は3杯まで!

 

■上質な睡眠をとりたいならコーヒーを飲むのは午後2時まで!

コーヒーと睡眠についてご紹介してきました、コーヒーの量とタイミングをしっかりと理解した上で摂取すれば健康的な人生をおくることが出来ます。

砂糖やミルクを使用しないことで代謝があがりダイエット効果も期待できます、またカフェインレスを利用することも一つの方法です!!

コーヒーを上手く使って良質な睡眠をとってください。

 

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です