焙煎について

家庭で出来る簡単な焙煎方法を詳しくご紹介!!


「コーヒー豆を家庭で焙煎したいけど、やりかたが分からない…」

こういった悩みを抱えている人が多いでしょう。この記事では、家庭で簡単にできるコーヒー豆の焙煎方法を、器具の準備から焙煎過程までまとめてご紹介します。

これからコーヒーライフを楽しみたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

家庭でどうやって焙煎するの??
準備するもの①好みのコーヒー豆(緑色の生豆)
②ガスコンロ(IHなどは直火ではないため利用できません)
③焙煎した豆を急冷するもの(ドライヤーやうちわなど)
④焙煎用の手網(東急ハンズなどの雑貨屋さんに売っています)
⑤軍手(焙煎中は手元がかなり熱くなるので、火傷防止用の手袋を身に付けましょう)

『焙煎手順』

Step1.焙煎準備

豆を焙煎用の手網にいれます。量は用意した手網によって異なりますが、一般的なものだと大体「100g~150g」が目安となっています。

Step2.焙煎

ガスコンロの火を点火し、中火に設定します。
中火に設定したら、ガスコントから約10~15㎝の高さに手網を保ち、左右に揺さぶります。
※コーヒー豆に均等に火があたるようにするため。

3分くらい時間が経つと、コーヒー豆の中に含まれている水分が抜けて、豆の色が変化していきます。
コーヒー豆には、表面に薄い川がついており、この段階まで来ると、外側の薄皮が乾燥し剝がれてきます。
※薄皮は軽く空中に舞うことがありますので注意しましょう。

中火で煎り始めて3分達、さらに10分ほどコーヒー豆を焙煎すると、「パチパチ」と音が鳴り始めます。
これを「1ハゼ」といいます。

この「1ハゼ」が起き始めている時がだいたい「中煎り」となります。

 

ポイント【1ハゼとは?】
コーヒー豆を焙煎すると、徐々に豆が膨らんできます。このとき、豆の中で色や味の化学反応が起こりよく目にするコーヒー豆へと変化していきます。また、この化学変化が起きている時、二酸化炭素と水蒸気も生成されています。コーヒー豆は、内部にできた気体の圧力に耐えきれなくなって、豆の細胞が破壊されます。この時に出る「パチパチ」という音・過程を「1ハゼ」といいます。

【焙煎度】
ライトロースト→シナモンロースト→ミディアムロースト→ハイロースト→シティロースト→フルシティロースト→フレンチロースト→イタリアンローストの8段階あります。日本人に人気の焙煎度は「シティロースト」あたりの中煎りです。

「1ハゼ」が起こり、音が少しずつ落ち着いてくると思います。
その後、さらに数分焙煎すると、「チリチリ」といった音がしてきます。
この時、「2ハゼ」が起こっています。

「2ハゼ」の時点でコーヒー豆はかなり膨らんできています。
ここまで来ると、コーヒー豆が良い感じに焦げ始め、煙が出てきます。
※換気扇などは常に回しておきましょう。

 

ポイント2【2ハゼとは?】
1ハゼと同じく化学変化が起きている状態で、一旦落ち着きますが、再び豆の細胞が破壊されていく現象。
音は「チリチリ」と豆全体が焦げ始めているようなものになります。

この段階では、「中深煎り」程度の焙煎度になっています。

ここからは、焙煎のスピードが速くなり、あっという間に焦げてしまいますので、注意しましょう。
30秒単位で見極め、好みの焙煎度になったらコンロから離し、冷却に移ります。

※表面の色が黒になる手前で止めると、深煎りのコーヒー豆になります。

 

Step3.冷却

コンロから離したらすぐに冷却を始めましょう。
ドライヤーやうちわ、最近では小型扇風機があるので、そちらで冷却を行います。
この時、しっかり冷却できないと、豆にこもっている熱で焙煎が進んでしまい、好みの味わいを作り出すことができません。

だいたいの粗熱が取れましたら、完全に冷えるまで置いておきましょう。
熱が無くなったら完成です。

 

 

コーヒー豆は焙煎後、特に深煎りの豆は、時間が経つと表面にコーヒー豆特有の油分が出てきます。
決して悪い成分ではないので安心してください。

しかし、この油分は参加しやすいため、空気に触れない瓶やパックに保存するようにしましょう。
味に変な酸味が加わってしまうため、長時間の放置はおすすめしません。

【コーヒー豆の保存場所】

ポイント3コーヒー豆は空気に触れるなど、外的要因ですぐに味が変わってしまいます。
そのため、「暗い」「湿度の低い」「完全密封」な場所に保管するといいでしょう。また、豆と粉2つの保存形態がありますが、おすすめは「豆」での保存です。
粉の状態にすると、空気に触れる面積が増え、香りが抜けやすくなります。

上記のポイントを抑えておくと、長期にわたってコーヒーを味わうことができます。

コーヒー豆の保存方法を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

美味しいコーヒー
コーヒー豆の正しい保存方法をご紹介!!

まとめ

この記事では、家庭で簡単にできるコーヒー豆の焙煎方法を、器具の準備から焙煎過程までまとめてご紹介しました。

記事を読んでいただくと分かるように、そこまで難しいものではありません。

気になる方はぜひ試してみることをおすすめします。

ブログをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です