各地の美味しいコーヒーが飲める店

京都で美味しいコーヒーが飲めるお店!小川コーヒー♪

Pocket

皆さんは珈琲を飲まれますか。
毎日のルーティーンとして珈琲を飲むのが日課になっている方も多いと思います。
自分のお気に入りの珈琲を飲むだけで気分が落ち着くこともあります。

実は、私も珈琲を飲むのが日課なので、いつも旅行とかに行くと必ず珈琲が美味しい喫茶店や珈琲豆が売っているお店を調べて行くくらい珈琲好きなんです。

その中でも、今一番のお気に入りの味が「小川珈琲」さんです。
京都にそのお店があるのですが、とても人気のようで観光客や外人の方も多くいらっしゃいました。
実際に私も飲んでみて、今までにない感動を覚えたので、通販サイトで再度購入してそれからリピートして愛飲している所です。
是非皆さんにも小川珈琲さんのことを知って頂きたいので詳しくご紹介していきたいと思います。
まずは美味しい珈琲が出来上がるまでの歴史から見ていきましょう。

 

【小川珈琲の歴史】

創業者である小川秀次さんはパプアニューギニアに旅行に行った際に、そこで珈琲の美味しさを知り、その味を研究して1952年に京都市中京区で事業を展開しました。
そして、ついに5年後の1957年に念願の小川珈琲株式会社を建てることに成功しました。
その後も次々と京都市内に直営店を開設し株式会社オリバーコーヒーも立ち上げることに成功し、沢山の人々から愛される珈琲店へと成長を遂げています。
現在は通販サイトでもお買い求めできるため、お家で小川珈琲さんの美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。

 

【使っているお豆の生産地農園や国は?】

実は、小川珈琲さんは使っているお豆が非常に凝っているんです。
沢山の国のお豆を使用して製造しているんです。
その国なんと8か国もあるんです。
「ブラジル」「エルサルバドル」「コスタリカ」「グアテマラ」「パナマ」「ケニア」「エチオピア」「ジャマイカ」と色々な国から取り寄せているんです。

その小川珈琲さんの中でも私がお勧めしたい商品が「小川珈琲スペシャルコーヒーブレンド002」です。
そこで使用しているお豆は「ブラジル」「コスタリカ」「エルサルバドル」の三か国です。
ブラジル豆を55%入れているので、ブラジル特有の苦みとコクが特徴的なんです。
コスタリカ豆は30%で酸味が増すようになっているため、口に含んだ時に味が濃く感じるのはこのためです。
そこにエルサルバドルを15%加えることによって滑らかな甘みを足しているので、酸味が苦手な女性でも飲みやすく造られています。

 

【様々な美味しい珈琲の淹れ方】

早速買ったら、美味しく召し上がりたいですよね。
珈琲豆はご自宅にある器具を使って淹れますが、同じ珈琲豆でも淹れ方によって味も変わるので色々な方法を試して味を開拓するのが珈琲好きの方の醍醐味と言えます。
各々使う器具が違いますので揃えることが必要ですが、そのぶん色々な味を楽しめますよ。
その前に大切なこととして、コーヒーミルという機械を使って珈琲豆を挽いてからが前提になるのでお忘れなく。

お豆の大きさの種類の一部として粗挽き、中挽き、細挽きなどがありますが、それぞれ挽かれた豆の大きさによって淹れる方法が異なります。
一つずつ見ていきましょう。

・粗挽き編

ザラメくらいの大きさで酸味が強いのが特徴的です。
使う器具はパーコレーターです。
よくアウトドアのキャンプなどに用いられることが多いです。
パーコレーターには3つのパーツがあります。
・透明ノブ(透明なのは中の色を確認しやすくするためです)
・バスケット(豆を入れる場所です)
・バスケットの蓋(蓋をすることで味が染み込みやすくなります)

<使い方>

①お湯を沸騰させておきます。
②バスケットの中に珈琲豆を入れます。
量はだいたい半分くらいを目安に入れて下さい。
③バスケットを元の場所にセットします。
④弱火で5分ほど沸騰させ蒸らします。
⑤最後にゆっくりとカップに注いで完成です。
香りを楽しみながらお飲み下さい。

・中挽き編

先ほどの粗挽きより少し細かくなったお豆で、味も滑らかなのが特徴的です。
使う器具はネルドリップです。
ネルフィルターとネルドリップ専用サーバーがあれば簡単に飲めるのでお勧めです。

<使い方>

①ネルフィルターに適量の珈琲豆を入れます。
②沸騰したお湯を珈琲豆全体が隠れるくらいまで注ぎ、数秒間蒸らします。
そうすると専用サーバーにポタポタと落ちてくるようになります。
③その後様子を見ながら数回に分けてお湯を注ぎ、全部落ちきったら抽出が完了した合図です。
④最後にカップに注いで完成です。

・細挽き編

上白糖のような細かい粉状になるため全体的に味が染み込みやすいのが特徴です。
使う器具はウォータードリップです。
時間をかけて抽出するため、そのぶん美味しい珈琲が召し上がれます。
ウォータードリッパーと細口ポットがあれば飲めます。
かき混ぜるためのマドラーもあればとてもやりやすくなります。
珈琲豆は10g、お水が100ccが鉄則です。

<使い方>

①フィルターに珈琲豆を入れます。
②珈琲豆が全体まで浸るほどの量の水を注ぎ、マドラーでかき混ぜます。
徐々に下に落ちてくるので、ゆっくりと抽出が始まるのを見届けましょう。
③水タンクを上部に設置し蓋を被せて放置しましょう。
④水タンクの水が無くなり全て抽出し終わったら完了の合図。
カップに注いで完成です。

 

【珈琲豆の保存の仕方】

できるだけ大切な珈琲豆を劣化させないためにも管理には気を配るようにしましょう。
珈琲豆はだいたい1カ月は持つと言われています。
もし珈琲豆を挽いた場合は美味しく飲める期間として1週間が目安と言えるでしょう。
保存場所は、気温が高い場所や湿度がある場所を避けるためにキッチンの棚の中などの涼しい場所に保存するか、夏場は冷蔵庫に入れて保存するようにしましょう。

詳しく保存方法が知りたい方はこちらをご覧ください。

コーヒー豆の正しい保存方法をご紹介!

いかがでしたか。
一度は小川珈琲さんのお豆で美味しい珈琲を飲んで欲しいです。
是非、珈琲好きの方はチェックしてみて下さい。

 

 

コーヒーの木の栽培に関してはこちらをご覧ください

美味しいコーヒーの育て方♪♪注意点をご紹介!

岡山県で美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるお店をご紹介しています!

キノシタショウテン系列のお店は基本美味しいスペシャルティーコーヒーが飲める上に、色々な淹れ方が選ぶことができます!その中でも、牛窓のオリーブ園展望台の中にあるお店は絶景が見れる中美味しいコーヒーが飲めるので、牛窓に行く際はぜひ行ってみてください♪♪

ただお昼ご飯を食べに行くという感覚では行かない方が良いです、純粋にティータイムを楽しみたい方にお勧めです!

詳しくはこちらをご覧下さい!

牛窓オリーブ園絶景カフェ!【キノシタショウテン】

様々なコーヒーの抽出器具で色んな味が楽しめるコーヒー店!!

お洒落で美味しいコーヒーが飲めるカフェ♪the coffee house!

 

初回限定で安く美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
スポンサーリンク

*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です