コーヒー産地について

フランス産 幻のコーヒーポワントゥのルーツ、産地、味についてご紹介!

Pocket

フランス産のコーヒーをご存知ですか。コーヒーのレジェンドと言ってもいいでしょう。それは幻と呼ばれているコーヒー、「ブルボンポワントゥ」です。幻のコーヒーのルーツ、産地やコーヒーの種。そして香りと味の特徴について、簡単にご紹介します。

【幻のコーヒーポワントゥのルーツ】

世界地図で確認すると、フランスの右側にマダガスカル島があるのですが、その右隣にあるのがレユニオン島です。18世紀にルイ14世が苗木をもらったことによりレユニオン島で誕生しました。当時は、王室や貴族達の間でもよく飲まれていて、ルイ14世の跡に5歳で国王に即位したという、嗜好品にはこだわるルイ15世もお気に入りであった人気のあるコーヒーでした。

しかし、レユニオン島が小さい島であることと、2つの大きな火山があるという環境であるために台風がおこりやすく、あわせて害虫の発生被害も多いことが重なり、苗から木に育たない状況が続きます。そのためにコーヒー栽培自体が衰退してしまい、19世紀前半にはとうとう廃れてしまいました。

やがてコーヒーの専門家達の意見として、このコーヒーを再現出来ないか、作りたいとの声が上がるようになります。まず積極的に立ち上がり行動したのは、日本の有名な珈琲会社。1999年に現地調査を始めました。そしてフランス政府の資金の援助の効果も大きく、2002年には念願だった再生プロジェクトが開始されました。

そしてラッキーな事は続きます。ブルボンポワントゥの木が数本残っていたのです。その後現在まで、コーヒー豆は少数の地元生産者個人の畑で丁寧に栽培されています。コーヒー豆の摘み、選別、乾燥などは機械を使わずにすべて手作業という、本当に素晴らしいこだわりです。

 

【産地について】

レユニオン島は、世界中のセレブ達が集まる観光地。もともとは火山島なんですが、フランスの海外県としては最大の規模の島です。火山島とセレブって結びつきませんが、火山によって出来た独特な地形と、周りには綺麗な海。気候は暑いというよりも暖かく、楽園にいるような場所です。

自然なまま、天然のままで残っているところが多いところも、セレブを惹きつける理由のひとつです。島民も皆穏やかで優しく、そんな素敵な島でコーヒーは作られています。

 

【コーヒーの種について】

名前のブルボンは、コーヒー三大原種のうちのひとつであるアラビカ種の中の代表品種、ブルボン種であるということから。そして先が尖ったという意味をフランス語でポワントゥというのですが、豆が尖った形をしているのでその名前がついたと言われています。

このブルボンは、アラビア種にはもうひとつの品種であるティピカ種がありますが、そのティピカ種が突然変異したものと言われる説と、ブルボンとはまた別に突然変異したものがブルボンポワントゥであると言われる説があります。豆の大きさは小さめ。風味がいいのに収穫量が少ないことから貴重な品種であるとされています。

 

【香りと味の特徴】

ポワントゥと言えば、まず香りです。柑橘系の甘いフルーティな、そしてトロッとした甘い香りがします。ミルクチョコレートみたいなと表現をしてもいいです。香ばしいではありません。難しい表現になりますが、とにかく風味の強さは、超がつくくらいのインパクトです。

飲み終わった後のカップにも香りの余韻が残ります。味は、風味に比べてスッキリとした酸味があり、苦味は少なめだという印象。飲みやすいですが、伝統のプレミア感が満載で、堪能できます。以外だったのがカフェインの量ですね。

普通に出回っているコーヒーに比べたら、約半分の量しか入っていません。カフェインが気になる、苦手な方でも安心して楽しめます。実はこのカフェインが少ないということが、生産時の害虫被害にあいやすい原因のひとつなんです。持って生まれたコーヒー体質です。

なお、ドリップの仕方で違う風味になりますから含んで下さい。でもお店で飲むとと値段が高いコーヒーなので、何杯も飲めないし。それなら自分でドリップしてみるという場合は、色々な方法にチャレンジして自分好みをチョイスできますね。それも違った楽しみ方です。

 

【まとめ】

フランス産といえば絶対にブルボンポワントゥ。通には鉄壁の定番ですけれど、コーヒービギナーには絶対知ってて欲しいフランス産のコーヒーなのであえて選びました。私にとって生涯初めての海外旅行はフランスでしたが、その頃は残念ながらまだブルボンポワントゥはまだ再現されていませんでした。やはり本場で飲むのが夢ですね。

レユニオン島まで行きたいところです。フランス人はコーヒー好きで90%近くの人が毎朝コーヒーを飲むといわれます。水に次いでコーヒーを飲むというくらいのレベルのイメージですね。日本に例えたらお茶のような位置関係なのでしょうか。同じようにコーヒーがフランスに馴染んでいる印象を受けます。

もちろん日本でもブルボンポワントゥにめぐり逢えたり、飲める機会はあります。プレゼントで大切な人にあげたらお洒落です。それでポワントゥだあと感激する相手は、実はコーヒー通だったという新たな発見もあったりなかったり。一度は絶滅しかけた運命を切り抜けてきたレジェンドコーヒーで、フランス産のコーヒーをご堪能下さい。

 

 

岡山県で美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるお店をご紹介しています!

キノシタショウテン系列のお店は基本美味しいスペシャルティーコーヒーが飲める上に、色々な淹れ方が選ぶことができます!その中でも、牛窓のオリーブ園展望台の中にあるお店は絶景が見れる中美味しいコーヒーが飲めるので、牛窓に行く際はぜひ行ってみてください♪♪

ただお昼ご飯を食べに行くという感覚では行かない方が良いです、純粋にティータイムを楽しみたい方にお勧めです!

詳しくはこちらをご覧下さい!

牛窓オリーブ園絶景カフェ!【キノシタショウテン】

様々なコーヒーの抽出器具で色んな味が楽しめるコーヒー店!!

お洒落で美味しいコーヒーが飲めるカフェ♪the coffee house!

 

初回限定で安く美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
スポンサーリンク

*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です