保存方法

コーヒー豆を劣化させる4つの要素をご紹介!!

Pocket

「お気に入りの瓶に詰め変えて朝日の差し込む明るいキッチンに置いているわ♪」
「袋のままなるべく空気を抜いて棚に入れてます!」
家庭によって保管場所も、入れ物も違うかもしれません。

今日は最近コーヒーをおうちで入れるようになった、好きになり始めた方へ向けて基本的なコーヒーの最後までおいしく飲める保管方法をご紹介します!

■理想のコーヒーの保管状態

「涼しく乾燥した暗いスペースで密閉された容器に入れて保存」です!
なぜかという実はとコーヒーは酸素・湿気・温度・光にとても弱いものなのです。

■コーヒーを保存する時に気をつけるたい4つの点。

・酸素
・湿度
・温度
・光

コーヒーはこの上記4つが非常に苦手です。
コーヒーを保管する時はこの4つを遮断していきましょう!

ではなぜこの4つに弱いのか?
簡単に理由にふれていきましょう。

 

■コーヒーは空気に弱い!

コーヒーは空気にふれるとどんどん酸化が進みます。
空気が触れると油脂が酸化して、香り・風味ががどんどん劣化していきます。
面倒かもしれませんが、なるべく密閉した容器に詰め替えをおすすめします。
コーヒーに空気が触れないよう保管しましょう。

 

■コーヒーは湿度に弱い!

湿気はコーヒーの天敵です。
挽いた状態だと表面積が増える分、湿気の吸い込みやすさもましてしまいます。
コーヒーは湿気を吸い込みやすく、湿気とともに匂いも吸収します。
保管の際は近くに匂いの強いものがないかも注意を払いたいですね。

しかし、この匂いを吸収する特性を生かしてコーヒーの残りカスを消臭剤として利用することもできます。
靴箱の気になる匂い、トイレの消臭剤、袋に詰めて靴に入れて気になる足の匂いを吸収…。
いろんな使い方があります。
ハンドメイドが好きな方やコーヒーカスをただ捨てるだけではもったいない!という方はこちらをご参考下さい。

コーヒー豆のカスを再利用!!

 

■コーヒーは暑さに弱い!

コーヒーは高温に弱く、暑さに反応し保管温度が高いほど、化学反応による劣化が進みます。
理想の保管温度は15度以下。
夏場だとなかなか厳しい温度です。
早めに飲みきってしまう場合はいいですが、飲みきる予定がない場合、冷蔵庫の野菜室へ!

冷たいほうがいいんじゃないの?冷凍庫のほうがいいのでは?と思われそうですが、あまり冷たい所で保管すると取り出した際に結露して湿気を含んでしまうことがあるため、冷凍庫よりも野菜室がおすすめです。
冷蔵庫に長く保管すると冷蔵庫臭や、近くにある野菜や調味料の匂いを含んでしまうため近くに匂いのきつい物を置かないよう注意を払いましょう。
ただとても長期間保管する場合は回数分に小分けして冷凍庫への保管がいいかもしれませんね。
しかし、基本的にはコーヒーは常温を好みます。

 

■コーヒーは光に弱い!

コーヒーは光に弱く、光に当たっても劣化していきます。
蛍光灯の光でも劣化は進みます。
ですが特に注意したいのは直射日光!紫外線に当たるとどんどん劣化しいきます。
必ず遮光のできる保管容器保存しましょう。

さて、コーヒーを保管する際、なぜこの4つに注意しなければならないのか紹介させていただきました。
黒い無骨なコーヒーが実は繊細なお嬢さんのような気質であること、お分かりいただけたでしょうか?

コーヒーは生鮮食品といっても過言ではありません。
長期保管にはむきません。
基本的にすぐ飲みきるのが一番ですが一人暮らしや生活スタイルによってはそうもいきませんよね。
保管する際は、上記の4つの注意事項を守ってコーヒーの居心地のよい環境を作ってあげましょう。

朝の目覚めに、夜の仕事に、ホッとした午後の昼下がりに……。
生活に寄り添ってくれるコーヒー。
上手に保管して味も香りも長く楽しみましょう!

もう少し詳しく保管方法が知りたい方はこちらをご覧ください

コーヒー豆の正しい保存方法をご紹介!

 

コーヒーの美味しい淹れ方についてはこちらをご覧ください

美味しいコーヒーの淹れ方、器具別にご紹介!

初回限定で安く美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
スポンサーリンク

*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です