美味しいコーヒー岡山
コーヒー豆知識

コーヒーで花粉症の症状を緩和出来るってホント?

Pocket

コーヒーは、一昔前なら「体に悪い」「飲みすぎると胃腸を荒らす」「中毒性がある」などと悪者扱いされていましたが、今では私たちの生活に無くてはならない存在となり、コーヒーを悪者扱いする人も、ほとんどいなくなりました。ただ、「コーヒーは花粉症を悪化させる」という噂だけは、比較的最近まで残っていたのではないでしょうか。ところがこのコーヒーと花粉症の関係ですが、悪化させるどころか、実はコーヒーは花粉症に効果的であるという説が有力になって来ているのは、ご存知でしょうか。

その1つ目の理由として、コーヒーにはカフェインという成分が含まれていますが、そのカフェインには血流を良くして呼吸器症状を和らげたり、頭をスッキリさせる効果があるということが認められています。また、過剰になった免疫システムの働きを抑える作用があるとも言われています。花粉症というのは体内の免疫システムが過剰に働くことによって発生するものなので、カフェイン成分を含むコーヒーを飲むことで、この作用が抑えられるというものなのです。

2つ目は、コーヒーにはカフェインのほかにもクロロゲン酸と言われるポリフェノールが含まれています。このポリフェノールは、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が高い物質として知られており、細胞の老化を防ぐということは、免疫力をアップし、アレルギー症状の緩和につながります。また、花粉症によっておこる炎症を抑える作用もあるとも言われています。これらがコーヒーが花粉症に効果的であると言われている理由です。

3つ目は、コーヒーには、その香りの中にもリラックス効果を呼び起こす成分があり、そのコーヒーの持つ独特な香りが、アロマのように癒しとなって、花粉症の抑制をしてくれるというものです。花粉症にかかっていない人でも、街を歩いていてどこからともなくコーヒーの香りがして来たり、朝起きた時に、家の中にコーヒーの香りが満ち溢れていたら、すごく癒されますよね。この香りが花粉症に効くらしいです。

ただ、いくら花粉症にいいと言われるからといっても、やはり飲み過ぎは良くないという結果が出ています。コーヒーに含まれているカフェインの過度の摂取は、頭痛、心拍数の増加、不安、不眠、嘔吐、下痢などを引き起こします可能性があります。また妊娠されている方の場合には、流産のリスクが高まったり、胎児の発育が阻害されたりするような可能性もありますので、くれぐれも量には気を付けて下さい。一般には、一日に最適な量は3杯~5杯だと言われていますので、適量を必ず守るようにしましょう。また、就寝前にコーヒーを飲むと、やはり寝つきが悪くなったり、十分に睡眠がとれなくなったりしますので、このあたりも気を付けて飲むようにして下さい。

コーヒーと花粉症の関係というのはまだ研究途中で、これからどんどん研究が進められる分野だと思いますが、「コーヒーを飲み始めたら鼻炎が治った」、「花粉症が軽減した」、「今年は花粉症がつらくない」などの意見も聞かれるようになっていますので、その効果は十分期待できるといえるでしょう。

今や、カフェ・コンビニ・コーヒー専門店など、いろいろな場所で手軽にコーヒーを楽しむことが出来るようになりました。また、自分で好みの豆を買って来て、家でこだわりの淹れ方をして楽しむのもいいですね。このように、私たちの生活に欠かすことが出来なくなったコーヒーですが、その香りに包まれるだけでとてもほっとした気分になりますし、最高に美味しいコーヒーを飲めば、ストレスなんて吹き飛んでしまいますよね。これに併せて花粉症にも効果が認められれば、本当にうれしい話だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です