コーヒー豆知識

日本で当たり前のアイスコーヒーが外国では飲まれない?

Pocket

夏の暑い日に喫茶店でオーダーするものといえばアイスコーヒー。涼しい店内で、キンキンに冷えたアイスコーヒーが渇いた喉を潤して、しばしの休息をもたらしてくれます。あまりそんな暑い日にあえてホットコーヒーを頼む人はそんなにいないと思います。

当たり前のように飲まれているアイスコーヒーですが、実はこのアイスコーヒー、日本以外では定番ではないということをご存じでしょうか。外国では日本のようにアイスコーヒーは飲まれていないそうなのです。

例えば外国の喫茶店で、当たり前のようにアイスコーヒーを注文すると、店員さんがちょっと怪訝な顔しながら厨房にオーダーするみたいな光景に出くわすんだそうです。そして店員が持って来たコーヒーというのが、マグカップに入った熱々のコーヒーに氷をできるだけ入れて冷やしたコーヒー。そんなコーヒーはぬるくて、お世辞にもおいしいとは言えないですよね。

また別の喫茶店で「アイスコーヒー!」と注文すると、コーヒーにアイスクリームがボンと乗ったものが出てきたりするそうです。まさに「アイス・コーヒー」。甘いのが得意じゃない人にとっては、海外旅行の苦い思い出になってしまうでしょう。外国では、日本に比べてアイスコーヒーは決して当たり前ではないのです。

ではどうしてアイスコーヒーは日本だけで普及しているのでしょうか。

それもそのはず。アイスコーヒーはなんと日本発祥だからなんです。日本にコーヒーが伝わったのは意外と古く、江戸時代にまで遡ります。長崎の出島に持ち込まれたコーヒーは、当時は一部の日本人しか口にすることができなかった高級品だったのです。

やがて明治に入り、街中に喫茶店がオープンすると、庶民の間でもコーヒーが広く飲まれるようになりましたが、そのタイミングでアイスコーヒーが発明されるようになったのです。その当時は冷やしコーヒーと呼ばれていて、氷は使用されていませんでした。熱々のコーヒーを井戸水で冷やしたものをガラスコップに入れて提供されていたそうです。昔から日本では、井戸水や川の水で果物や野菜を冷やす習慣がありました。

そもそも日本人は、外国からきた文明・文化をそのまま踏襲せずに日本風にアレンジするのが得意な人種です。食べ物のメニューを見ても「和風○○」といった名前の料理もたくさんありますし、和製英語という言葉もあるように、日本独自の言葉を勝手に作ってしまったりします。ちなみにアイスコーヒーもれっきとした和製英語。アイスの語尾にedを付けて「アイスド・コーヒー(冷やしたコーヒー)」と言うのが本当は正しいです。

こういった日本人の気質が生まれた理由は、島国という日本の地理的要素が影響しているのです。ヨーロッパ・ユーラシアなどの国々ではどこも陸続きですから、違う国の人、違う民族の人たちと交流することが当たり前なので、少しでもみんなが共通している文化を共有していったほうが、異文化の土地から来た人たちも暮らしていきやすいし、みんながハッピーになります。

一方で島国の日本は、外国に比べて異文化を持った人たちと接する機会が明らかに少ないです。外国から持ち込まれたものが日本になじまない場合は、勝手に日本人に合うようにアレンジしても困ってしまう人がいないので、どんどん外国文化の日本化が進んでいきます。

コーヒーは香りを楽しむものだから熱いままで飲むものだという世界のスタンダードがある中、いや暑い日はそんなの飲めないから冷やして飲もうよっていう、自分たちのやりやすいようにどんどん日本ナイズしてしまう日本人の発想がアイスコーヒーを生み出したのでしょう。

外国ではあまり飲まれないアイスコーヒーでしたが、現在では世界的な大手コーヒーチェーン店がアイスコーヒーを提供している影響で、以前に比べてアイスコーヒーが世界中で飲まれるようになってきているようです。日本が世界にもたらした文化、漫画・アニメ・YMOだなんて言い方ありますけど、アイスコーヒーも日本発祥の文化として、どんどん普及していくといいですね。

 

初回限定で美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。
スポンサーリンク


挽き目と合わせて気を付けることをご紹介

これだけは守って、美味しく淹れる方法♪

様々な器具の淹れ方をご紹介

美味しいコーヒーの淹れ方、器具別にご紹介♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です