コーヒーダイエット

コーヒーの健康への魅力!ポリフェノールの効果をご紹介♪

Pocket

皆さんは普段コーヒーに対してどのような印象を持っておられるでしょうか?
コーヒーは一般的には嗜好品の一種で、気分を高揚させる効果が有名ですね。
しかし、コーヒーには他の嗜好品にはないたくさんの健康効果があります。
今回はそんなコーヒーの健康効果のひとつ、「ポリフェノール」に関して詳しく紹介したいと思います。

 

「ポリフェノールとは?」

ポリフェノールは植物に含まれる抗酸化物質です。
抗酸化物質とは、とどのつまり、体内で酸化に抵抗する成分、体の劣化を抑えて人の老化や生活習慣病といった様々な病気に対して効果的とされています。
ビタミンA,C,Eといった栄養素や、トマトなどに含まれるリコピンも有名です。

ポリフェノールの効果は様々な研究によってほとんど確定的に明らかになってきていますが、現在になってもまだ一日にどの程度摂取すべきかはっきり分かっていないということが現状です。

ほかの栄養素のように高い効果が立証されているというのに、体にとって必要ではなく、摂取量もよくわからないとは不思議ですね、栄養素というよりは薬のような立ち位置でしょうか。

そんなポリフェノールはなんと見つかっているだけで、8000種類以上もあるとされています。

 

「コーヒーに含まれるポリフェノールの効果と種類とは?」

同じポリフェノールに属す成分でも、種類によって効果は様々です。
コーヒーを代表するポリフェノールは「クロロゲン酸」といって、その含有量は、コーヒーに含まれる成分として有名な「カフェイン」よりも豊富で、コーヒー豆中に、5~10%ほどにもなるとされています。

カフェインはコーヒー豆中に1~2%なので5倍程度の量になります。
このクロロゲン酸は苦みと酸味を併せ持ち、コーヒーの味や風味にも大きな影響を与えています。

 

「クロロゲン酸の三つの効果」

・1,抗酸化作用

前述したようにポリフェノールは全般的に高い抗酸化作用を持っています。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸も例外ではなく、強力な抗酸化作用があります。

・2,ダイエット効果、脂肪の吸収を抑える

クロロゲン酸には体内の消化機構に関与して、脂肪の分解を抑える作用があります。
それによって体が脂肪分を吸収しづらくなり、結果的にダイエット効果が見込めます。
脂肪が体に与える害は、皮下に付いて見た目を悪くしたり、体を重くするだけではありません。
内臓脂肪として内蔵の機能を阻害することや、血液に混ざりこみ、動脈硬化から致命的な病気を引き起こすこともあります。
普段脂が多めの食事をしている人は、食後に一杯でもコーヒーを飲めば、改善が見込めるでしょう。

・3,血糖値の増加を抑える

さらに、クロロゲン酸には血糖値の増加を抑える作用もあります。
炭水化物の多い食事を摂った後、体内に吸収された炭水化物は体の活動のために血液に乗せられて、全身に回ります。
この時に血液中にどれだけの炭水化物が含まれているのかを表す指標が「血糖値」です。
この血糖値は高くなってしまうと、全身の内臓に大きな負担を掛けます。
こうして内臓を傷めて機能不全に陥った状態の代表的なものは糖尿病などです。
コーヒーには先に紹介したような、脂質の吸収を抑える効果とともに、糖質も同じようなメカニズムで抑えます。
要は体の糖質を分解するための機構に作用して、糖質がそもそも分解されないようにします。
血糖値を下げる効果のある成分は多々ありますが、クロロゲン酸は最も初めの段階で効果がある成分のひとつです。

コーヒーの生活習慣病に対しての効果は以上の三つの効果が大きな力となっています。
そのほかにもコーヒーは多数のポリフェノールを含み、あまり知られていない健康効果もそれだけたくさんあります。
食後すぐや食前など、普段から習慣づけてコーヒーを飲むようにしたいですね。

 

「コーヒーのポリフェノールの含有量は?」

コーヒーのポリフェノールの含有量は、前述のクロロゲン酸を代表として、あらゆる食品の中でもトップクラスとされています。
ほかの食品では、ポリフェノールの健康効果がよく話題となっている赤ワインがコーヒーよりも多くのポリフェノールを含みます。

 

「ポリフェノールを摂れる食品はコーヒーが一番」

しかし赤ワインにいくら多くのポリフェノールが含まれていても、健康のために継続して、頻繁に飲んでいくのは人によっては少し心配になりますよね。
ワインはビールなどと比べると比較的にアルコール分が多く、ものにもよりますが大体12%位と言われています。

未成年者や、アルコールに弱い人はもちろん、アルコールによる健康被害もよく話題に挙げられる所です。
その点、コーヒーは未成年でも、誰でも飲むことができます。

コーヒーの苦みが苦手な人でも甘くしたり、ミルクを入れたりと簡単に飲みやすくできるでしょう。
カフェインなどの成分は気になるところですが、アルコールのように体質上飲めないということは殆んど聞きません。

「コーヒーは健康に悪い?」

しばしばコーヒーは健康に悪いといった話を聞きます。
しかし最近の研究ではコーヒーには健康に害を与える成分はほとんど入っていなく、むしろ健康的な飲料であるとの見方が強くなってきました。
嗜好品としておいしく飲めて、カロリーも殆んど含まれないコーヒー。
そのうえ飲むだけで手軽に高い健康効果が期待できるとあれば、飲まない手はないでしょう。

岡山の美味しいコーヒーが飲めるお店をご紹介しています!

牛窓オリーブ園絶景カフェ【キノシタショウテン】にかんしてはこちらをご覧ください

牛窓オリーブ園絶景カフェ【キノシタショウテン】

王子が岳の絶景カフェに関してはこちらをご覧ください

王子が岳絶景カフェ【belk】

 

スペシャルコーヒーはとても品質が良く、味の特徴がしっかりと感じられます。今まで酸味が苦手という方でも、スペシャルティーコーヒーの酸味は美味しいという方も増えてきました。ぜひお試しください。

初回限定で美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。
ちなみにスペシャルティコーヒー200gの相場は1600円~2000円です。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です