コーヒーの木の育て方

コーヒーの木を室内で育てる!!グロウテント(ボックス)を作成編!

Pocket

私の考えるコーヒープロジェクトの一環として、コーヒーの木を育てることがあり、今回実験として岡山という地で育ててみようと思います。
コーヒーの木は色々な条件が整わなければ育てるのが難しいとされていますが、これを一年中室内で育ててみようと思います!!

コーヒーの木の育て方はこちらをご覧ください

美味しいコーヒーの育て方♪♪注意点をご紹介!

コーヒーの木は温度管理や、日光条件が必須です!!晴れの国岡山ではその名の通り晴れの日が多いです!!しかし今回太陽の光を利用せず育ててみようと思います。これがいけるのであれば温度管理さえ出来れば日本のどこでも栽培は可能ということになります。

コーヒーの豆カスからカップを作成する実験を行った時と同様に、個人的にお金をあまりかけずに頑張っていこうと思います。

コーヒーの豆カスでカップを作成!奮闘記!

勿論コーヒーの木を育てるのに必要な年数は5年近くです。気の遠くなるような作業ですが、あくまで実験ですので、まずは苗を購入し育て、それが可能ならある程度育っているコーヒーの木を購入し育て、コーヒーの実を収穫できるかも検証していきます。

【グロウボックス作成費用】

さて、今回の栽培方法ですが、ただ室内で栽培するということではありません。
簡単に言ってしまえば、グロウテントを使用し、太陽光の変わりに植物育成ライトを使って育てます。
ただグロウテントは安いもので8000円程度、高いもので数万円かかります。
ここの出費を少しでも抑えるため、育成するためのボックスを作成していこうと思います。

今回使用するもの

・3段カラーボックス   1000円程度(ホームセンター)
・アルミシート      100円(100均)
・網           100円(100均)
・フック         100円(100均)
・植物育成LEDライト   2500円(メルカリ)

苗は後日岡山の清光園芸さんで購入予定です!!!
全国のダイソーにはたまにコーヒーの木の苗があるようです、しかし岡山の100均では見つかりませんでした。

さて、材料が揃った所で早速作成してみましょう!!

【グロウボックス作成】

まず最初に3段ボックスを組み立てていきます、これは誰でも簡単に組み立て可能です!ただここで組み立てる前にしておかないといけないのが、コンセント通すための穴を開けておくことです。勿論組み立てた後でも良いのですが、組み立てる前のほうが簡単です。

画僧のような位置に穴を開けておいて、中の2段は入れないまま組み立てていきます。

3段ボックスが完成したら、今度はアルミシートを張っていきます!!
ノリや接着剤を使用しても良いですし、両面テープを使用しても大丈夫ですが、今回私はホッチキスを使用しています。

このような感じでしっかりと押すと止まります!!ただ、100均のホッチキスなどは威力が弱いため止めるのに少し苦労するかもしれません。

全面アルミシートを張り終えたら、先ほど開けておいた穴の前のアルミシートに切り込みを入れておきます。

次に、フックを取り付けていきます。

3段ボックスには中棚を取り付けるための穴が始めから開いているので、アルミシートごとフックを刺していきます。

フックを取り付けた後、網を乗せてとりあえず完成です。

ここまでで費用としては1300円です。

勿論グロウテントに比べれば貧相ですが、価格としてはかなり抑えることが出来ました。個人的に実験を行うのであれば十分です!!

ここまで出来たら後はLEDライトをつけるだけです。グロウテントほどの大きさであればLEDライトの大きさがしっくりくるのですが、今回作成したものは少し小さいので、LEDライトが大きいです笑

まあそこは勘弁して下さい。

作成するのが面倒な方はこちらがお勧めです

グロウボックス SODATECK GREEN ROOM S(70x50x120cm) GROW TENT【安心の1年保証】[ビニールハウス]グロウボックス内に水耕栽培 キットや植物育成ライト LEDも設置可能

価格:13,000円
(2019/2/14 10:06時点)
感想(1件)


さてここまで完成すれば後は苗を買ってきて置くだけです!!

また清光園芸さんから購入したら実験開始していきます!!

次の記事→

コーヒーの木を手に入れろ!!in倉敷!!

コーヒープロジェクトに関してはこちらをご覧ください

コーヒープロジェクトで命を救え!

コーヒーの木をLED照明で育てる記事に関してはこちらをご覧ください

コーヒーの木をled照明で育てろ、奮闘記in岡山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です