私のこだわりの淹れ方

私のこだわりの淹れ方!!特殊編!

Pocket

コーヒーの淹れ方は人それぞれで、これが一番おいしいという方法はありません。今回ご紹介するこだわりの淹れ方は、少し特殊な淹れ方です。早速見ていきましょう!!

このおいしいコーヒーの入れ方は、実際に小さなコーヒーショップを出している方の「おいしいコーヒーの入れ方」の体験を受けて、おいしいなと感じた方法です。そのお店は、炒った後の不良豆を、手作業で、振り分けて、おいしい炒った豆だけを使ってコーヒーを提供している様なお店です。ここで、お話しするのは、そこのスタッフに教えてもらったコーヒーの入れ方になります。用意するものはとても簡単です。

やり方の基本は、ペーパードリップ方法です。まず、1つ目のポイントは、ゆっくり時間をかけてドリップを行なうことです。そのため、朝の忙しい時、非常に短気な生活の人には、お勧めできません。ドリッパーにペーパーフィルタを付け、自分の好みに合わせた量のコーヒーをセットします。このやり方は、一回一人分、あるいは二人分のコーヒーを入れる方法です。なぜ、そうなのかは、以下で順番に書いていくやり方を読んで頂ければ、なぜなのかが自然と分かってきます。

ドリップの下にコーヒーカップを置いて、ドリップから、直接にコーヒーカップにコーヒーを注ぐのではなく、サーバーを使います。なぜ、コーヒーカップではなく、サーバーを使った方が良いかも後で分かってきます。このサーバーは直接、少しの間、お湯を温めたいので、お湯を沸騰させるまでの耐性は必要ありません。少しの間、温める程度なので、私は、市販の物でも対応できています。
専用のドリップポットがあればベストですが、なければ、やかんの様なポットでも構いませんが、市販のお湯を沸かすポットから、お湯を入れる、これが一番、やってはいけない方法です。注ぐお湯の温度は、よく言われているお湯の温度、90数度℃で構いません。

一回目のお湯の注ぎ方は、ドリップのちょうど、中心から、円を外側に描く様にして、お湯がコーヒー豆全体にかかる様にします。ただし、お湯をドリップ一杯迄入れてはいけません。炒ったコーヒー全体にお湯が掛かり、もう少し、お湯を足す程度までしか入れない様にします。これによって、炒ったコーヒー豆を蒸らす様にするわけです。お湯がポトポトと落ちるのを眺めながら、落ちていくのを眺めていると、コーヒーにくぼみが出てきます。

二回目に入れる時は、今度は、ドリップの外側から円の中心に向かって、円を小さくしていく様に、お湯を注ぎます。要は、ドリップペーパーに付いているコーヒーを洗い落とす様にお湯を注いていくのがコツです。ここで、焦って、じゃーとお湯を注ぐと、折角のおいしくなるコーヒーがだめになってしまうので、注意して下さい。二回目は、一回目よりも多めに注ぎます。
この様な入れ方をするので、入れ方でお分かり頂けたと思いますが、良いコーヒーポットの形状は、口が細く、また、長い口のポットの方が、「お湯を注ぐ調整がしやすい」ことがお分かり頂けることでしょう。直火でお湯が沸かせることも重要です。また、ゆっくりと入れることから、自分に合った適量のサイズがベストです。コーヒーポットの容量が大きいコーヒーポット、あるいは、重量のおもいコーヒーポットは避けた方が良いです。

回を重ねるにつれて、徐々に、注ぎ入れる量を増やしていきます。ただ、一度にドリッパーの目一杯までお湯を入れるのは避けましょう。合計、3、4回程度で、一人分のコーヒーを入れる様にします。その為に、相手と話をしながら、コーヒーを入れていくのが、上手く入れるコツになります。

ここで、コーヒーカップに一度、お湯を注いだ後、お湯を捨てて、コーヒーカップを温めておきます。時間をかけて入れているので、コーヒーを注いでいる間に、コーヒーが冷めたと思ったら、サーバーで、少し、コーヒーを温めます。この様なやり方を行なうので、出来上がった時に量が少ないと感じる様であれば、その分を自分の好みに合わせて、少し多めにコーヒーを作るイメージでやると良いでしょう。1回1人分で入れるのが一番おいしい入れ方ですが、場合によっては「そんな入れ方はやっていられないわ!」と言われることもあるでしょう。4人、5人のお客様の来客で、この様な入れ方はできません。その為に、プライベートでコーヒーを楽しむ時、夫婦で、あるいは恋人と、親子で、そういった時に楽しんで頂きたい方法です。

入れ方を読んで頂ければわかる様に、やり方は至ってシンプルな方法です。私は性格的に気が短い方なので、いつも、短時間で、簡単に入れていました。インスタントコーヒーよりは挽いたコーヒー豆で入れる方がおいしいので、それで、満足していました。でも、ある場所で出ていたコーヒー店の出店があり、コーヒーが飲みたかったこと、「コーヒーのおいしい入れ方体験」をやっていたので、試しにやってみようと思い体験を受けて見ました。確かにおいしいことは実感できました。実感できたのは夫婦両方なので、私だけがおいしいと感じた訳ではありません。高い道具を揃えることなく、試せることなので、一度、試して見てはいかがでしょうか?。この忙しいご時世、平日もこのやり方とはいかないでしょうね。

 

コーヒーは至高品で人によって美味しいコーヒーは変わってきます。最近ではスペシャルティーコーヒーが主流になってきました。スペシャルコーヒーはとても品質が良く、味の特徴がしっかりと感じられます。今まで酸味が苦手という方でも、スペシャルティーコーヒーの酸味は美味しいという方も増えてきました。ぜひお試しください。

初回限定で安く美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。
ちなみにスペシャルティコーヒー200gの相場は1600円~2000円です。
スポンサーリンク

スペシャルティコーヒーについてはこちらをご覧ください

スペシャルティーコーヒーについて!

通常の淹れ方をご覧になりたい方はこちらをご覧下さい

美味しいコーヒーの淹れ方,器具別にご紹介!

ハンドドリップで淹れる時の注意点をご覧になられたい方

これだけは守って、美味しく淹れる方法♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です