私のこだわりの淹れ方

私のこだわりのコーヒーの淹れ方「マンデリン」

Pocket

コーヒーが好きな方は焙煎から淹れるまで、色々なこだわりがあると思います。コーヒーは至高品なので人によって美味しいコーヒーは違います。このコーヒー豆の焙煎はこれ!この温度でこの淹れ方!という風に、決まったものはありません。勿論お勧めの方法は存在すると思いますが。

今回ご紹介するものは私なりの「マンデリン」の美味しい淹れ方です。もし気になる方がいらっしゃいましたらご参考にしてください。

 

【マンデリンのご紹介】

皆さん一度は耳にされたことはあると思いますが、ブルーマウンテンやエチオピアモカ、キリマンジャロと並ぶ有名なマンデリンです。ですが、マンデリンとは聞いたことはあると思いますが、実際にどこの産地でどのような処理をされているかはあまり知られてはいません。まずはそこからご説明します。

ブルーマウンテンやエチオピアモカ、キリマンジャロなどは地名や山の名前が使われているのでイメージがつきやすいですが、なぜマンデリンと言われているのでしょうか??

それはインドネシアのスマトラ島に住む「マンデリン族」と言われる民族が関係しています。マンデリン族がスマトラ島でコーヒーを栽培し始めた事が名前の由来となっています。

インドネシアはコーヒーの産地としては生産大国ですが、国内で栽培されているコーヒーの多くはロブスタ種です。ロブスタ種はストレートで飲むと麦茶のような味わいで、まず日本のお店でストレートで飲む機会はほとんどありません。私もコーヒー専門店に携わっているため機会があり飲んだことがありますが、美味しくはありません。

インドネシアではアラビカ種は数%しか栽培されておらず、マンデリンはとても貴重なものとされています。

 

【マンデリンの特徴】

マンデリンの特徴は何といっても、独特な香りと強い苦み、深いコクです。通常焙煎を深くすればするほど苦みが増し、美味しさが損なわれるコーヒー豆が多い中、マンデリンは焙煎を深くしても嫌な苦みではなく、品の良い苦みがあり、深いコクの中に旨味があります。

前に生豆の状態のマンデリンを拝見したとき、他の生豆とは違って少し緑がかっていて青臭さを感じました。これはスマトラ地区特有の精製処理が関係しており、日照時間が短いため天日干しで乾燥させる際に、果肉やミューシレージ、パーチメントを除去した状態で乾燥させているためです。

精製処理に関してはこちらをご覧ください

コーヒーとは?

上記でコーヒーとは何かをご紹介しています。

 

【焙煎について】

上記でもご説明したように、苦みが特徴のマンデリンですので焙煎の度合いとしては深い焙煎になります。

焙煎は浅い順から

マンデリンの特徴を引き出すのであれば、シティーローストからフレンチまでの間が良いと思います。勿論最近主流となっている、浅い焙煎でも少しフルーティーな酸味を感じることは出来るので、苦みが苦手な方は浅い焙煎でも良いと思います。

ただ、最近のお店でマンデリンを飲み比べたことがありますが、強い苦みとコクを感じる事があまりありません。焙煎を浅くしているか、もしくは温度や抽出スピードが関係していると思われます。

コーヒーを淹れる際に気を付けてほしいことがありますのでこちらをご覧ください

これだけは守って,美味しく淹れる方法♪/

 

【淹れる器具】

器具に関しては、絶対にこれといったものはありませんが、私なりの器具をご紹介します。

独特な香りと苦み、深いコクのマンデリンに適した器具は、じっくりと淹れる事が出来るネルドリップです。ペーパードリップでもマンデリンの特徴を引き出すことは出来ますが、より特徴を引き出せるとしたらネルドリップのほうがおススメです。ペーパードリップでじっくりと淹れた場合雑味も一緒に抽出してしまう可能性が高いので、それなりの技術が必要です。

ネルドリップの場合はネル(起毛)によって雑味成分がある程度除去してくれるだけではなく、旨味成分のコーヒーオイルを抽出できるからです。

深みのあるコーヒーにはもってこいの器具だと思います。

 

【温度】

コーヒーを淹れる際に注意していかないといけない点として、挽き目、温度、抽出時間があります。今回のマンデリンは苦みが特徴のコーヒーとなりますので、淹れる温度としては92℃~96℃あたりが良いと思います。

温度が低すぎると苦み成分が抽出されにくくなり、マンデリン本来の特徴が引き出されなくなってしまいます。

もし焙煎を浅くして、フルーティーな酸味を感じたい方は、ペーパードリップで、温度を90以下で時間をかけず抽出されたほうが良いと思います。

 

【まとめ】

私なりの最高のマンデリンの淹れ方は、焙煎を深くし、ネルドリップを使用して、温度を高い状態でじっくり淹れる!!この淹れ方をすると、本当に、品のある強い苦みとコクのあるマンデリンが飲めます。友人に飲ませたこともありますが、今まで飲んだことがないくらい美味しいマンデリンだということで、おかわりしてました笑

コーヒーは至高品ですので、あくまで人によってとらえ方は違います。ですが、苦みのあるコーヒーが好きな方はぜひ試していただきたい方法です。

器具別の淹れ方に関してはこちらをご覧ください。

美味しいコーヒーの淹れ方,器具別にご紹介/

《あす楽》ハリオ (HARIO) ドリップポット・ウッドネック DPW-1 240ml (1~2杯用)(ネルドリップ) JAN: 4977642331723

価格:2,363円
(2019/2/5 10:49時点)
感想(1件)


コーヒーは至高品で人によって美味しいコーヒーは変わってきます。最近ではスペシャルティーコーヒーが主流になってきました。スペシャルコーヒーはとても品質が良く、味の特徴がしっかりと感じられます。今まで酸味が苦手という方でも、スペシャルティーコーヒーの酸味は美味しいという方も増えてきました。ぜひお試しください。

初回限定で安く美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。
ちなみにスペシャルティコーヒー200gの相場は1600円~2000円です。
スポンサーリンク

スペシャルティコーヒーについてはこちらをご覧ください

スペシャルティーコーヒーについて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です