コーヒーの種類や産地の特徴

コーヒーベルトとは?コーヒーの種類や産地の特徴や気候条件をご紹介!!

Pocket

コーヒーには色々な種類や特徴、育成の条件などがあります。美味しいコーヒーとはどういう条件で育つのか?どういった国々で育てられているのかをご紹介します!!自分の好きなコーヒーに出会うための情報として読んで頂ければと思います。

「コーヒーの木が育つ条件」

コーヒーの花の実は育てるのは決してたやすくありません。4つの環境的な条件を満たさないと育ちが悪くなってしまいます。その4つの条件とは、降雨量、日光、気温、土壌です。

まず、降雨量は年間2000ミリと平均的な場所でも問題ありませんが必ず必要なのは、コーヒーの実のなる木の成長期に雨が多く、収穫期に乾燥している。いわば雨季と乾季のある環境です。

次に日光ですが、コーヒーは日光が好きにも拘わらずに日ざしが強いと成長不良となってしまいます。それゆえ産地では、コーヒーの木の横に背の高い木を植えて日差しを緩和させることもあります。コーヒーのための日陰を作るための背の高い木のことを「シェイドツリー」といいます。

そして、気温ですが、平均20℃という夏の避暑地のような過ごしやすいところでなければ十分に育ちません。

最後に、コーヒー豆は植物ですから水はけがよく肥沃な土壌が最適です。また少し酸性の土壌の方がコーヒー豆を栽培するためには適しています。
肥沃な土壌というのはリン酸・窒素・カリウムを含んだ土壌のことで有機物を多く含んだ火山灰の土壌はコーヒー豆栽培には適しているといえます。

「コーヒーベルトとは?生産国の特徴」

では、地球上でこれ4つの条件を満たすことができるのは、どこかでしょうか。それは、赤道直下の南北回帰線(北緯、南緯25度)に囲まれたエリアで、それが帯状になっているのが「コ-ヒーベルト」と言われる場所です。ここがまさにコーヒー豆を生産できる地帯です。

ここのポイントは、山や高地であること。「暑いはずの地域だけれども高度500~2500メートルの高地」という環境が四つの条件を満たしてくれるのわけです。そして、山の高いところで取れた豆ほどフレーバー質が優れています。

これには山の高い場所では低い場所に比較して朝夜の温度差が大きくなるという、一日の中での温度変化が深く関係しています。

コーヒーは植物なので、大きな温度変化でさらされる体を守ろうと実がギュッと引き締まるのです。すると種も固くなり、この固い豆がいいコーヒー特性を持つようになります。

1.アメリカ大陸周辺

アメリカ大陸周辺のコーヒーの生産国についてです。
まず、南米大陸ブラジルに目を向けましょう。
コーヒー最大の生産国であり、世界のおよそ3分の1を占めています。ブラジル・サントス港から出荷される「ブラジル・サントス」は雑味のない香ばしい風味が特徴です。

そして、次は中米のコロンビアの柔らかく酸味を持つ豊かな風味は、バランスが良く、マイルドコーヒーの代表格です。

この近くの中米諸国、グアテマラ、コスタリカ、ホンジュラス、メキシコ、ペルーなどでもコロンビアに似た高品質のコーヒーが採れます。

また、カリブ海のジャマイカもコーヒーの産地です。ブルーマウンテンという山があり、そこで収穫されたコーヒー豆が有名な「ブルーマウンテンコーヒーです。広大なアメリカ合衆国で唯一生産しているのはハワイ島です。そこで採れるコーヒーは爽やかで豊かな酸味と甘い香りが特徴です。

2.アフリカ・アジア

次にアフリカ・アジアの生産国に目を向けましょう。アフリカ大陸ではコーヒー発祥の地エチオピアはコーヒーの生産国として重要な国です。そこで採れるのが、「モカ」と呼ばれフルーティーな甘酸っぱい香りが特徴です。

ほかにはタンザニアがあり、キリマンジャロ山がそびえたっていて、この裾野でってるのが「キリマンジャロコーヒー」。強い酸味、甘い香り、強いコクが特徴です。このキリマンジャロ山の南がケニアで、キリマンジャロコーヒーと同じレベルの素晴らしい質の高いが採れます。

アジアへ目を向けると、インドネシアのスマトラ島が「マンデリンコーヒー」の原産国として有名です。独特の苦みと風があり、、滑らかな味と濃厚なコクが特徴です。ほかにはベトナム、インドやパプアニューギニアも重要なコーヒーの産地としてみなされております。

 

「コーヒー豆の種類や特徴」

花ような甘い香りを持つアラビカ種についてです。コメにインディカ米とジャポニカ米とがあり、それぞれ風味が異なるように、コーヒーにも品種があります。大きく分けると、アラビカ種とロブスタシュの2つになります。

まず、現時点で世界コーヒーの生産の6割弱がアラビカ種です。言い換えると生産されているコーヒー豆の多くは圧倒的にアラビカ種が多くなります。アラビカ種は酸味が強く香りは甘いフローラルな香りします。

原産地はアフリカンのエチオピア。ただ、標高2000メートルの熱帯高地で栽培されていて、栽培には大変な手間がかかります。しかも、霜、乾燥、病害虫などにも弱いのが特徴で、栽培が難しい品種になります。また、アラビカ種といってもその亜種が違えば味、香りも違ってきます。風味でいえば、ティピカ、ブルボンという在来種が香りの質、コク、清潔さの点で優れています。

ただし、収穫量が少ないためこれらは減少傾向にあります。今では低木で手入れがしやすく収穫量の多いカツーラ種が主流となっております。

苦みの強いロブスタ種ですが、生育環境、味、香り、豆の形状から様々な点で違いがあります。ロブスタ種のほうが病気に強く、アラビカ種よりも標高800メートルで育成しやすいです。アジアに位置するベトナムでは国内の生産量の90%近くはこのロブスタ種を栽培しています。

豆の形状はアラビカ種よりも丸みを帯びています。決定帝に違うのは風味で、ロブスタ種は苦みが強く渋みがあり、香りは麦茶に似た香ばしい香りがあります。一度知り合いのコーヒー店でロブスタ種をストレートで飲ませて頂いたことがありますが、本当に麦茶のようで、コーヒー??という感じでです。

ですので通常ストレートで飲む事はほとんどなく、ブレンドや缶コーヒーなどに使用されることが多いです。

 

「標高が高いいと品質の良いコーヒーが」

コーヒー豆は標高が高い熱帯地域でよく育ちますが、その中でも標高が1500メートルを超えると最高級のコーヒー豆を栽培するのに適していると言われています。

もちろん標高が低いコーヒー豆が品質が悪いとはいえませんが、昼夜の寒暖差などの条件をかなえるためには標高の高さは必要となります。
日本はコーヒーベルトのエリア外ですが、条件が整えば栽培することは可能です。

ただ日本全国どこでも育てられるわけではなく沖縄や鹿児島、小笠原諸島など一部のエリアに限られます。
うまく育てることができれば花が咲きそこから実を付けて収穫することも可能となります。

 

「家庭でコーヒーノキを育てる方法」

コーヒー豆ができるコーヒーノキは日本での栽培は非常に難しくメジャーな植物ではありません。
ただ趣味レベルであれば家庭でもコーヒーノキを栽培することは可能です。

コーヒーはまだらな日光を好みますから、直射日光を当てすぎないないように注意し、定期的に十分な量の水を与えます。また土壌はしっかりと栄養分のある肥沃な土壌にしてあげることも大切です。

家庭でコーヒーノキを栽培する時には、できるだけ実際に生産されている地域に近い環境を作り、しっかりと排水できるシステムを作り温度を高く少し酸性の土を準備します。
コーヒーは感染しやすい植物なので十分注意する必要があります。

家庭でコーヒーノキを栽培する時には、普段飲んでいるコーヒー豆を使うことはできませんから、コーヒーノキを栽培することができる種ができる豆を使用する必要があります。
最近は観葉植物としてコーヒーノキも見かけるようになりました。
コーヒーノキはできるだけ日当たりの良い場所に置くようにし、直射日光を避けるようにします。

直射日光を当てると葉焼けを起こしやすくなるので屋外で管理する場合には日陰に移すようにしましょう。
ベランダで育てる場合には外の温度が15度程度になれば室内にとりこんであげるようにします。

詳しくはこちらをご覧ください

美味しいコーヒーの育て方♪♪注意点をご紹介/

「まとめ」

こうした条件が整っている国々で、日々生産者の方は頑張って美味しいコーヒーを育てています。特に条件が整い、しっかりと管理している農園では、最近主流になってきている「スペシャルティコーヒー」を栽培しています。スペシャルティーコーヒーほど品質の良いコーヒーは、果実のような上質な酸味と甘みを感じる事ができます。ぜひお店でスペシャルティーコーヒーが販売されている場合飲んで頂きたいと思います。

初回限定で安く美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
スポンサーリンク

*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。

スペシャルティコーヒーについてはこちらをご覧ください

スペシャルティーコーヒーについて!

エチオピアモカについてはこちらをご覧ください

エチオピアコーヒーの特徴をご紹介/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です