コーヒーの豆カスでコーヒーカップを作成!奮闘記!

コーヒー豆のカスを再利用!!コーヒー粘土を作成♪

Pocket

コーヒー好きな方は毎日コーヒーを飲まれると思います。缶コーヒーではなく、ドリップ式のコーヒーなどで出たコーヒー豆のカスは捨てられる方が多いと思いますが、それを活用出来たら良いですよね!?そこで、家庭でも簡単に出来る活用方法をご紹介します。簡単ですので是非実践してみてください。

1.コーヒーを飲む以外での活用方法

コーヒーをよく自宅で飲む方は必見です。インスタントではなく、コーヒー豆を挽いてフィルターでこして、香りなど楽しんだ後の出がらしを捨てずに、お皿に入れてトイレなど臭いが気になる所に置けば、消臭効果があります。飲んだ後は、水分が十分含まれているので、そのままトイレなど臭いが気になる場所に置くと、消臭効果があります。そのままの状態で放置しておくと冬の時期は空気が乾燥しやすくなりますので、定期的に交換をすることが大切です。コーヒーの出がらしには、アンモニアを吸収させる効果が期待出来るので、臭いがきついトイレに置くといいかと思います。湿っている時が、アンモニアの臭いを吸収してくれる効果も高いですが、乾燥させた状態でも、消臭効果はありますが、湿っている時よりも効果は薄いです。

 

2.たばこの臭いもコーヒーの効果で軽減

人によっては、自宅でたばこを吸われる方も多いかと思いますが、臭いが部屋中に充満してしまうので、お客様が来られた時に、大変困ることもあります。そんな時には、コーヒーの出がらしを使うことで、たばこを消したり、たばこの臭いを消してくれたりしますので、たばこを吸う家庭で試してみてもらいたいです。方法としては、コーヒーの出がらしを灰皿に濡れたまま入れておくだけと簡単です。湿っていることから、火消しの役割もあるので、捨てるはずの出がらしも役に立つことが多いです。

 

3.家庭菜園を行う時に雑草の駆除にも効果的

自宅に庭がある家庭も少ないかと思いますが、地方に行けば自宅で家庭菜園を楽しんでいるお宅も多いかと思います。家庭菜園をするには土が重要になってくるのですが、そこにコーヒーの出がらしをまくことで、雑草の駆除が出来ます。また、土に栄養を与える肥料でも十分に使えるようになってます。雑草の駆除と肥料の二つの用途があるのには、大変驚きを隠せない方も多くいらっしゃいますね。

 

4.コーヒーの出がらしを混ぜることで、パックにも活用

女性は、いつも美しくいたいと毎日のお肌のケアは入念に行っている方も多いですね。卵の白身の部分と出がらしを混ぜて、顔に塗ることで簡易的なフェイスパックをすることが出来ます。出がらしが美肌効果があると言われています。

 

5.お風呂にも入れてコーヒーの香りを楽しむ

コーヒーの出がらしを袋に入れるのですが、なるべく布製であるコーヒーの香りを十分に楽しむことが出来るので、コーヒーの香りに、リラックスされる方は、試してみる価値はあります。

 

6. 魚を焼く時にも消臭効果

キッチンでも使えます。キッチンには、魚焼きグリルがある家庭も多いかと思いますが、魚を焼くと匂いが十万してしまうので、そういった時に、魚焼きグリルの網の下に水を入れる時に、豆カスも一緒に入れておくことで、消臭されます。なかなか魚や時って、部屋中に匂いが漂ってくるので、服まで匂いが移ってしまいます。

7. 害虫予防、雑草減らしの効果

ある研究機関の報告では、1平方メートルあたり16キログラムをまいて、1年ほど観察したところ、まかないところと比べて、雑草が5分の1になった、という報告があります。コーヒーカスは、アリやナメクジ、カタツムリ除けにも効果があります。家の周囲のアリ塚やナメクジ、カタツムリが頻繁に発生する生垣や外壁付近の地面にまけば、効果があります。

8. むくみ解消

使用直後のコーヒーのカスを、新聞紙などの上に4分の1カップほど広げます。そしてそこへオリーブオイル大さじ1を加えて混ぜ合わせます。それをむくみ、もしくはセルライトが気になる部分に塗りつけ、マッサージすると解消します。

これは、カフェインにはむくみを引き締める作用があり、女性の敵でもあるセルライトを除去する高級クリームには、必ずと言っていいほどこの成分が入っていることから、効果があるということです。

また卵1個の白身だけと4分の1カップのカスを混ぜ合わせ、目の周りなど敏感な部分は避けることに気をつけて顔に塗ります。手でマッサージしながら洗い流すと、毛穴の汚れをスッキリ落としてくれます。

3~4杯分のカスをパンストなどに入れ、洗面器いっぱいの熱湯につけて冷めるまで待ちます。その液体をお風呂などでマッサージしましょう。肌がスベスベになりますよ。

9. コーヒーの豆カスから粘土を作成!!

なぜ今こんなことをしているかというとある目的のために行っています。まだこちらの記事を読まれていない方はこちらをご覧ください!!

コーヒープロジェクトで命を救え!

 

陶芸用粘土が作られるまではとてつもない年月が必要という事、様々なものが含まれて出来る事がわかりました。

前回のこちらをご覧ください

コーヒーの豆カスでカップを作成!奮闘記!

この時点で本来心が折れそうですが、諦めてしまえばそこで終了になってしまうので、色々と試行錯誤していこうと思います。

「とにかく細かくしていこう」

花崗岩が粘土になっていくには年月をかけて、水や風によって風化していき細かくなったものが蓄積して押し固まっていくので、とりあえず細かくしていく作業をしていこうと思います。

コーヒーを抽出した豆カスをとにかく集めていきます。毎日出るものですので、集めるのに特に苦労はありません。

さて、ここから、まず天日干しにしてしっかりと乾燥させることから始めます!!

しっかりと満遍なく乾燥させるのに一日でできました!

 

 

 

本当はミルで最小まで細かくしたいところですが、それよりも細かいコーヒーの微粉が欲しいので、細かい網でこすことにしました!!!これが中々時間がかかります笑

何かもっと良い効率のものを考えます。

とにかく細かい微粉を採取しました!!中々労力がいりましたが、、、、

細かくは出来たので、あらかじめ買っておいた、長石の微粉と混ぜて、水を入れて練りこんでいきました!!勿論これだけでは粘土は出来ないということだったので、これにある物を混ぜ込みました。

ただやはりそれでも、粘り気はでないので、少しでも伸ばそうとするとすぐに切れます・・・・・

色々と調べていく中で、粘土は寝かせると粘り気が出でくるようです。土の中にいる微生物や外にいる微生物も重要ということで、微生物の出す分泌液も粘土の材料になるのではと思い、鉢植えに土を入れ、コーヒーの豆カスを麻の袋で包み、その上に土を被せて、乾燥させないように毎日水をやったらどうなるか試してみます!!

dav

 

これでまずは微生物を育ててみようと思います!!

11/10

土の中に入れて数日経ちました。何か変化があるのでしょうか??

周りに胞子、カビ、微生物が出てきました。ここからは、定期的に出し入れしながら、練りこみ、様子を見ていこうと思います。最初の段階からいうとまだ変わってきた様子はありません。

一ヶ月ぐらいしたら少しは変化が出てくると思うのですが・・・

11/20

毎日水をあげるわけではありませんが、天気によって土の渇きが違うので、土の表面が乾いてきたら水をあげるようにしています。

植物を育てているような感覚です・・・・・・・

後々はコーヒーの木も栽培し、コーヒーチェリーを収穫していこうと思います!!

様々な事に挑戦して、コーヒープロジェクトを完成していこうと思います。

今日のコーヒー粘土の様子ですが、心なしか少しだけ粘り気が出てきたような感じがします!!この調子で、成形出来るぐらいまで粘りのある粘土を作ります。

 

11/29

約半月経ちました!

 

まだまだ成形出来るレベルではありませんが、変化は少しずつあるようです。

夏にも同じように粘土作りの実験を行っていましたが、微生物を育てる環境としてはやはり、気温が高い方が早かったです。夏場の方が粘り気が出てくるスピードが速く、ある程度は成形できました。

冬場はもう少し時間がかかりそうです!!

 

12/11

土の中で粘土を育てて1ヶ月経ちました。

やはり微生物がしっかりと育つ環境でないと中々粘り気が出ないです。今の時期は外の気温は冷蔵庫並みなので当たり前なのですが・・・・・・

ただ家の中に置くと虫が発生するのでこのまま外で育てます。

今回は粘土をラッピングしてみる事にしました。

この状態でどうなるかを実験してみたいと思います。しっかりと微生物が繁殖してくれるといいのですが・・・・・

次の記事→

コーヒー粘土からコーヒーカップを作成!奮闘記2

初回限定で美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。
ちなみにスペシャルティコーヒー200gの相場は1600円~2000円です。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です