各器具淹れ方

これだけは守って!!美味しく淹れる方法♪

Pocket

今まではコーヒーといえば、お店に飲みにいくというのが通常でしたが、最近は自宅で淹れられる方が増えてきたように思います。ただ、お店で飲んだ時は美味しかったのに、自分で淹れると美味しくない・・・・・・

同じ豆なのになぜ味がこんなにも違うのか・・・・・・

そういった疑問を感じたことはありませんか??

そんな疑問を少しでも解消出来ればと思います!!!以下の注意点を守って美味しいコーヒーを抽出しましょう!!

 

「淹れるお湯の温度は何度??」

皆さんはコーヒーを淹れるときにお湯の温度を測っていますか???

実はお湯の温度はかなり重要で、ここを間違えるだけで味はかなり違います・・・・お茶や紅茶と同じように、淹れる温度によって味の変化があるという事をまずは知っておいてください。

お湯の温度が高いと・・・苦みの成分が抽出されやすくなります。

お湯の温度が低いと・・・酸味や甘みが抽出されやすくなります。

これを知っているか知っていないかだけでも大きな違いです。

ちなみに、お湯の温度を測る機械がない場合、沸騰している状態が約100℃近くですよね?火からポットをはなして少しおくと、お湯の表面が落ち着いてきます。その状態が約92℃~96℃になります。コーヒーポットは保温性が高いため3分そのままの状態でおいていても90℃前後までしか落ちません。

例えば、苦みが特徴の豆の場合93℃前後で淹れると苦みが引き立ちます。ただ後でご紹介しますが、抽出時間をゆっくりしすぎると、苦すぎるうえに雑味も出てしまいますのでご注意を。

酸味が特徴のコーヒーであれば90℃前後で淹れることをお勧めします。この温度管理が難しいですが、酸味が特徴のコーヒー豆なのに高い温度で淹れてしまうと、苦みや雑味が入ってしまい、せっかくの美味しい酸味が台無しになってしまいます。

甘みが特徴のコーヒーであれば85℃前後で淹れることをお勧めします。甘みといっても砂糖を入れたような甘みではなく、本来果実が持っている甘みが感じられます。ここまで読まれていれば勘づく方もいらっしゃると思いますが、甘みを感じるコーヒーの天敵は苦みです。ですので温度を低くして苦み成分をなるべく抽出しないことを心がけて下さい。

 

「抽出スピード」

味が変化する要因の一つとして、抽出スピードがあります。お店で淹れている方は毎回同じ味を出すために温度管理や抽出スピードを一定にする訓練をしています。

抽出スピードが遅いと・・・・苦み、雑味が出やすくなりコクがでます。

抽出スピードが速いと・・・・酸味が出やすくすっきりした味になります。

ただ抽出スピードが速すぎると、旨味の成分が抽出されないのでただの薄いコーヒーになってしまうので注意が必要です。

一度、同じ挽き目で、同じ温度で抽出スピードだけ変えて淹れてみてください。味の変化がすぐ分かると思います。

 

「挽き目」

この挽き目に関しては味の変化が起こることは皆さんご存知かもしれませんがご紹介しておきます。

挽き目が細かいと・・・・味の成分が速く引き出され濃いくなる。

挽き目が粗いと・・・・・味の成分が遅く引き出され薄くなる。

例えば、間違って挽き目を粗くしてしまった場合、温度を高くしたり、抽出スピードを遅くしたりで対応が可能です。全く同じ味を出すのは難しいですが・・・・・

挽き目を間違って細かくしてしまった場合は、温度を低くしたり、抽出スピードを速くしたりして調整をします。

「まとめ」

このように、温度、抽出スピード、挽き目の関係性をしっかり理解しておけば、色々な特徴のあるコーヒー豆に対して適切な淹れ方が出来るようになります。もちろん注意点は他にもありますが、まずはこのあたりに注意して淹れてみてください。

何も考えずに淹れるよりは美味しいコーヒーが抽出できると思います。

器具別の淹れ方についてはこちらをご覧ください

美味しいコーヒーの淹れ方、器具別にご紹介♪

初回限定で美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。
ちなみにスペシャルティコーヒー200gの相場は1600円~2000円です。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です