コーヒー豆知識

コーヒーの豆知識!!

Pocket

コーヒーは人にとって身近な飲み物として存在していますが、身近過ぎて以外と知られていないことが多いように感じます。

ここではちょっとしたコーヒーについての豆知識をご紹介します!!

「コーヒーはフルーツ」

コーヒー豆は、どんな植物か知っていますか?コーヒー豆、という呼び名から、ソラマメや大豆のような植物をイメージする人が多いかもしれません。
実は、コーヒー豆はフルーツなんです!
といっても、豆となるのは種の部分。コーヒ豆は、フルーツの種なんですね。
コーヒーチェリーと呼ばれるこのフルーツは、名前の通り熟すと赤、または紫色に変わります。見た目もサイズもサクランボに似ていますが、味はほんのりと甘い程度で、サクランボほどの甘さはありません。実が熟すまで、9ヶ月ほどかかるそうです。
このコーヒーチェリー、果肉の部分にもカフェインが含まれており、実際に食べることも出来るんですよ。
でも、不思議ですよね。

コーヒー豆は元々フルーツで、それも食べることが出来る果物です。
なのにどうして昔の人々は、実の部分ではなく、わざわざ種を取り出して利用してきたのでしょう?
コーヒーの美味しさをすでに知っている現代の私たちならともかく、昔の人はなぜコーヒーチェリーの実の部分ではなく種を活用しようと思ったのか。
実は、このコーヒーチェリー、果肉がほとんどないんです…
果肉は種の部分を薄く覆っているだけで、ほとんど食べる部分はありません。

味の方も、ほんのりと甘い程度で、その他のフルーツのようにとっても美味しい!というわけではありませんから、食用の果物としては普及しなかったのではないかと思います。
ちなみに、どうにかしてこの果肉部分を活用しよう!と、ジャム作りに挑戦しているコーヒー農家さんもいらっしゃるようです。確かに、ジャムにしてしまえば、美味しく食べることが出来そうですね!

「昔は薬だった!コーヒーの効能あれこれ」

コーヒーは当初、南アメリカの山岳地帯で、薬品として扱われていたのをご存知ですか?血糖値を下げる、利尿作用がある、疲労回復効果、頭痛に効くなど、薬学的にも様々な効用があります!ただコーヒーにはカフェインが多く含まれているため、あまり多く飲んでしまうと、睡眠が阻害されてしまう可能性もあります。うまく利用し、コーヒーの効能を効果的に得られるようにしましょう!

「世界で最もコーヒーが飲まれている場所はどこ?」

上述したアメリカンコーヒーのあるアメリカや、古来より薬として使われてきた南アメリカなどもコーヒーを多く飲んでいますが、一番多いのは北ヨーロッパだそうです!なんでも、一年間に一人当たり、1000杯以上飲むとか!寒い気候なので温かい飲み物が必須の環境なんですね!また、寒い時期は家に籠るので空気が乾燥し、さらに水質が美味しいコーヒーに適している、という理由もあるそうです。現在は日本でも、あちこちで美味しいコーヒーを飲めるようになりました。素敵なコーヒータイムを、皆さんもぜひ楽しんでください!

「悪魔の飲み物」

16世紀のローマでの出来事です。その頃,コーヒーはまだヨーロッパの人々にとってなじみの薄いものでした。コーヒーが発見されたのは中東ですが,中東ではイスラム教が勢力を持っていましたからそこから運ばれてきたコーヒーは「悪魔の飲み物」などと言われていました。

「イスラム教徒の飲み物として長い歴史を持つコーヒーは異端者のものか」という論争までおこる始末。そこで,時の法王クレメンス8世はコーヒーを受け入れるためにある行動を起こします。なんと,「コーヒーを洗礼」するのです。洗礼を受けたコーヒーは無事にヨーロッパでの市民権を得たのでした。コーヒーに市民権…今考えるととても不思議な話ですよね。

「焙煎禁止令」

18世紀ごろのお話です。その頃はコーヒーはまだまだ特別な人のための特別な飲み物でした。ドイツではなんと王様が国立のコーヒー焙煎所をつくり,特権階級にのみ焙煎を許し,一般市民の焙煎を禁止する「焙煎禁止令」まで出しています。フリードリヒ大王は家で焙煎する市民を摘発するために「密焙煎嗅ぎ出し係」という監視官まで設けています。もちろん,市民はとても怒ったそうで,監視官は大きな反感を買ったようです。

「コーヒーは苦み?酸味?」

皆さんはコーヒーと聞くと苦み?酸味?どちらのイメージが強いようか??この質問をするとたいていの人は苦みと答える方が多いようです。

そもそもコーヒーは果実の種子です。コーヒーチェリーはじっくりと時間をかけて成熟させればさせるほど、良質な酸味や甘みが出てきます。グレードが高く、品質の良いコーヒーは苦みはあまりなく、果実のような酸味や甘みが感じられる美味しいコーヒーになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です