コーヒーダイエット

コーヒー好きにお勧め、コーヒーダイエット!

Pocket

皆さんの大好きなコーヒーですが、いろいろな情報があるようです。コーヒーは身体にいい。コーヒーは身体に良くない。いろいろ調べてみると情報が混乱しているように思えます。ここではコーヒーの正しい付き合い方を書いて行きます。
皆さんは少しでも正しい知識でコーヒーを活用して、コーヒーを楽しみながら見方につけて下さい。

 

「コーヒーとダイエットの関係」

それにコーヒーにはダイエット効果があります。
運動を始めて最初に使われるエネルギーは糖質です。
運動は20分と越えると糖質から今度使われるエネルギーは脂質になります。ダイエットの方には耳寄りな情報ですね。

少しダイエットについてお話しして行きましょう。マラソン選手や、水泳、競歩のやられている方には、なぜ肥満な方はいないまたは少ないのでしょうか?これは身体のメカニズムを知るとそこにはヒントがあります。
有酸素運動を20分しないと脂肪が燃焼されないことが分かってきました。マラソン選手、水泳選手、競歩の選手に共通して言えることは、毎回のトレーニングが必ず20分を超えていることです。それを知らないで毎日12分位から18分位運動をかんばっている方も少なくないとおもいます。もちろん運動をすることはたいへん素晴らしいことです。

しかし体重コントロール、ダイエットを目的にするのであれば、20分以上運動していかないといけません。

ポイントはいかに脂肪を燃焼出来る環境を作るかですね。

じつはコーヒーにはダイエットにつながることのできるきちんとした科学的、医学的な根拠が多く示されております。コーヒーを飲んで運動すると脂肪を分解しやすく血中の脂肪酸濃度が上昇するため脂肪が効率よく燃焼出来るようになります。

コーヒーダイエットをするには必ず無糖であることが重要です。砂糖を入れて飲むと、脂肪燃焼の割合が低下するので「ブラックで飲む」事がポイントとなります。出来たら無糖で生活習慣病の予防に役にたって頂きたいです。

 

「生活習慣病の予防」

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は脂肪燃焼を促進する効果があります。コーヒーには現在問題になっている糖尿病の予防効果もあります。糖尿病は放置しておくと、目が見えなくなったり、おしっこを作る腎臓が機能しなくなり、人工透析になったり、足が痛くなり切断しなくてはいけなくなったりして、大変な病気です。

日本は栄養状態がよすぎで、運動不足な国民です。もともとは狩りをして食べていた狩猟採集民族でした。しかし文化の発展で便利になり、バイク、くるま、電動自転車などなど運動不足です。電車でも乗るまでのエスカレーターがあります。

そのうえ、炭酸飲料、チョコレート、ケーキ、スナック菓子などジャンクフードでますます糖尿病が増える危険性があります。いきなり糖尿病になるかたはまずいません。
最初は肥満になることは多いです。ここの肥満でうまくくいとめていけば、コントロールが可能になります。そこでいかに糖尿病にならないか、肥満にならないかが大切になります。

 

「コーヒーを飲む時間がポイント」

カフェインは確かに夜に飲むと眠れない事は、根拠としてはコーヒーはカフェインが入ってます。昔からありましたね。けして名神ではありません。これはきちんとした根拠があります。

カフェインは体内に入ると8時間残ります。

コーヒーカフェインの豆知識ついてはこちらをご覧ください。

http://skang.coffee/2018/11/07/アメリカンはカフェインが多い%ef%bc%81%ef%bc%9f/

コーヒーは昼寝の前に飲むと最高に効果が出ます。コーヒーの中のカフェインは即効性はありません。飲んでもすぐに効いて来ません。つまり昼寝の前の飲むとカフェインが効いてきた時に起きるのです。昼寝のあとは誰もが不快感たっぷりです。
しかしこの技があれば午後から仕事のパフォーマンスが確実に上がると思います。

ちなみに昼寝の時間は30分以内です。昼寝は心臓病の予防、糖尿病の予防になります。午前最大のストレス解消になります。

人間のストレス解消は最大は寝ることです。人間は長期的なストレスには適応出来るように作られておりません。じつは長期的なストレスは肥満につながります。肥満になる身体のホルモンが副腎皮質ホルモンである。コルチゾールです。コルチゾールは昼に上がって、夜に下がるように通常できております。

しかし長期的のじわじわとくるストレスでコルチゾールが夜に下がらなくなってしまいます。肥満の解消にはストレスのコントロールも大切ですね。

夜にコーヒーをのむと精神的にはリラックス効果のように思えますが、身体はおおきなストレスになっているのです。眠りがストレスの解消になります。せっかくのコーヒーを夜に飲んでしまったら、肥満防止、糖尿病の予防どころか、逆に肥満、糖尿病になりリスクを高めてしまいます。
ここは注意して下さい。

 

「3ケ月の壁」

ダイエットのポイントは必ず3ケ月で評価して下さい。

実はダイエットは少し続けていくうちに少しリバウンドすることが多いです。それを一喜一憂しないで最低3ケ月続けてみて下さい。人間の成長につながる曲線は指数関数です。実はなめらかな曲線です。この3ケ月を乗り切ることで皆さんの自信は今後のおおきな財産になっていくことでしょう。

なぜ3ヶ月かというと実は人間は3ヶ月しかモチベーションが続かない生き物です。しかしこの3か月で自分自身に評価すると次の3ヶ月がみえてきます。

ここで大切なことは人間のモチベーションが続くのは3ヶ月という事です。

どんなにダイエットの目標を素晴らしく掲げても3ヶ月しかもたないという事実を知れば、3ヶ月の設定が見えてくるはずです。

 

「まとめ」

大切なことは素晴らしい効果のあるコーヒーをうまく美味しく飲む。コーヒーをうまく使う。うまくつかえば自分自身がダイエットできてモチベーションがあがり、自分自身が成長出来ます。

正しい知識、正しい実践でダイエット出来たらこんないいことはありませんね。

ダイエット目的であれば、20分以上運動する。なぜならば20分までは血糖値がさがり、身体がブドウ糖をエネルギーとして使っています。その後が脂肪燃焼で使っています。とくにウエストの回りの脂肪燃焼にいいみたいです。そうすれば、皆さんもマラソン選手のようなウエストに競歩の選手のようなスリムな身体がてに入ります。

まずは簡単な目標で3ヶ月やってみてくださいね。なぜ3ケ月かは人間のモチベーションは3ケ月しか続かないからです。

脳科学的アプローチして医学的、科学的アプローチして美味しいコーヒーを飲みながら、楽しくダイエットを進めて行きましょう。ポイントはまずはコツコツ3ケ月です。

明日も朝のコーヒーが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です