カフェインについて

アメリカンはカフェインが多い!?その謎に迫ります!

Pocket

コーヒーを飲まれる方はカフェインを気にした事はありませんか??

よく聞く話はカフェインは体に良くない、中毒になる・・・・・そんな話を一度は聞かれた事があると思います。正しい知識を知ってコーヒーと上手に付き合っていきましょう!!

「コーヒーと健康」

コーヒーには様々な有効成分が含まれており、その中でも「カフェイン」「クロロゲン酸」「カフェ酸」は血糖値や血管内の機能を改善してくれます。
コーヒーはリラックス効果やアンチエイジングなど、健康に関してもお勧め出来る飲み物となっています。

その中でカフェインを健康上ドクターストップとされている人たちもいます。それは量のコントロールをせずに、多量のコーヒーを飲んでいることにより、多くのカフェインを摂取していることが原因ですが、コーヒー・カフェインは脳内を活性し、気分を高揚させます。飲用の適度な量を守れば、健康増進に適しているのです。
日頃の食生活がよければ、カフェインによって、3大疾患を予防できたりするのです。

では一日の杯数はどのくらいに抑えたほうが良いのでしょうか??

 

「一日のカフェイン摂取量」

カフェインは摂取しすぎると逆に健康を害することがあります。健康上の上限としては一日400mgと言われています。コーヒー1杯(140ml)に対してカフェインは約80mg入っています。単純計算では一日に5杯ですが、もちろんコーヒー以外の飲み物にも入っていますのでコーヒーは3杯までがお勧めです。カフェインは健康に良いとされていますが、逆に摂取しすぎるとカフェイン中毒になり、健康被害を被る事になるので注意しましょう。

 

「アメリカンはカフェインが多い?」

皆さんはカフェインが多いか少ないかをコーヒーの濃さで判断していませんか??

アメリカン=薄い=カフェイン少ない

で思われている方も多いのではないでしょうか。

まずアメリカンとは、ただ薄いということではなく、焙煎の度合いが浅いということが一つの特徴です。焙煎を深くすればするほど苦みが増し濃く感じやすくなります。カフェインは熱に弱く、焙煎の度合いが深くなればなるほど無くなっていきます。逆に焙煎の度合いが浅ければ浅いほどカフェインは多く残ります。

アメリカンに限らず、焙煎が浅いコーヒーにはカフェイン量が多くなるということです。

ただこの話はこれで終わる単純な話ではなく、焙煎を深くした場合一つの豆に含まれるカフェイン量は少なくなりますが、水分が多く抜けるため実際に豆を計ってみると、豆の量が増えるということです。

例えば、同じ豆で焙煎の深さを変えた場合、浅い焙煎より深い焙煎のほうが同じgでも豆を使う量が増えるということです。

ようするに豆一粒のカフェイン量は減るのですが、量が増えるため実際にはカフェイン量はほとんど変わらなくなるということです。

勿論カフェインレスを飲まれればこの話は終了なのですが、カフェインレスはカフェインを抜くことによって旨味も一緒に抜けていきます。(少しづつカフェインだけ抜く技術も開発されています)

コーヒーは一日のカフェインの摂取量を気を付けながら、美味しいコーヒーを堪能してください!

 

コーヒーは嗜好品で人によって美味しいコーヒーは変わってきます。最近ではスペシャルティーコーヒーが主流になってきました。スペシャルコーヒーはとても品質が良く、味の特徴がしっかりと感じられます。今まで酸味が苦手という方でも、スペシャルティーコーヒーの酸味は美味しいという方も増えてきました。ぜひお試しください。

初回限定で安く美味しいスペシャルティーコーヒーが飲めるおススメのサイト!!
スポンサーリンク

*初回のみがお安くなっています、二回目ご利用はおススメしていません。

スペシャルティコーヒーについてはこちらをご覧ください

スペシャルティーコーヒーについて!

コーヒーを飲んで気軽にダイエットをご覧になりたい方はこちらをご覧ください

コーヒー好きにお勧め、コーヒーダイエット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です